競輪のグレードレースとは

競輪のグレードレースとは?GP・G1・G2の開催日程も紹介!【2020年版】

「競輪のグレードレースってなに?」

「今年のグレードレースの開催日程が知りたい!」

「グレードレースで優勝するとどのくらいの賞金がもらえるの?」

という方に向けて、この記事では競輪のグレードレースについてまとめました。

グレードレースについて一緒に勉強して、競輪勝ち組を目指していきましょう。

グレードレースの日程を確認して、競輪場に遊びに行きましょう。

 

競輪のグレードレースとは?

競輪のグレードレースとは

競輪のレースは、

  • GP(グランプリ)
  • G1(ジーワン)
  • G2(ジーツー)
  • G3(ジースリー)
  • F1(エフワン)
  • F2(エフツー)

の6つのグレードに格付けされています。

そして、この6つのグレードのうち、特に格式が高いGP、G1、G2、G3のレースを「グレードレース」と呼んでいます。

格式が高いレースのことをグレードレースって呼ぶんだな!

グレードレースは出場する選手のレベルが高いので、白熱したレースを観戦することができます。

また、イベントなどが開催されることも多く、現地はたくさんの競輪ファンで賑わいます。

「競輪のレースをまだ見たことがない」という方は、ぜひ遊びに行ってみてください。

ここからは、それぞれのグレードについて、詳しく解説していきます。

グレードごとにどんなレースがあるのかを見ていきましょう。

GPってどんなレース?

GPとは

競輪のGP(グランプリ)は最も高いグレードで、「KEIRINグランプリ」の1レースのみが分類されます。

KEIRINグランプリは、毎年12月30日に開催されているレースです。

他のレースと違って、予選や準決勝などはなく、その年を代表する9名の選手が一発勝負でレースを行います。

「真の実力日本一決定戦」と呼ばれることもあるそうですよ。

GPは「KEIRINグランプリ」専用のグレードってわけだな。

KEIRINグランプリ2019
KEIRINグランプリとは?2019年の出場選手や予想をまとめました!

KEIRINグランプリが2019年12月30日(月)に立川競輪場で開催されます。「出場選手」や「並び」をまとめて、私なりの優勝者の予想をまとめました。

続きを見る

G1・G2・G3ってどんなレース?

競輪のG1・G2・G3

G1・G2・G3は、GPの次に高いグレードです。

S級選手が中心になるので、ハイレベルなレースを楽しむことができます。

まず、G1に分類されているのは、

  • 読売新聞社杯 全日本選抜競輪(よみうりしんぶんしゃはい ぜんにほんせんばつけいりん)
  • 日本選手権競輪(にほんせんしゅけんけいりん)
  • 高松宮記念杯競輪(たかまつのみやきねんはいけいりん)
  • 寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(ともひとしんのうはい・せかいせんしゅけんきねんトーナメント)
  • オールスター競輪(オールスターけいりん)
  • 朝日新聞社杯 競輪祭(あさひしんぶんしゃはい けいりんさい)

の6レースです。

S級のなかでも上位の選手しか出場できず、優勝すれば「KEIRINグランプリ」の出場権を得ることができます。

レースごとに選手の選抜方法が違っているのが面白いですね。

例えば「オールスター競輪」では、ファン投票の結果を重視して選手が選抜されます。

レースごとの選抜方法は、この記事の後半で解説します。

次に、G2に分類されているのは、

  • 共同通信社杯(きょうどうつうしんしゃはい)
  • サマーナイトフェスティバル
  • ヤンググランプリ
  • ウィナーズカップ

の4レースです。

G2もG1と同じように、レースごとに選手の選抜方法が違っています。

例えば「共同通信社杯」では、若手選手が他のG1やG2よりも多く選抜されます。

現地に行けば、未来のスター選手の誕生を見ることができるかもしれませんね。

G1とG2は、1年で合計10回しか開催されないんだな!

最後に、G3に分類されているのは「各競輪場の開設記念競輪」です。

開設記念競輪とは、その競輪場が開設されてから〇周年を記念して開催されるレースのことですね。

例えば、神奈川県の川崎競輪場では、毎年4月に「桜花賞・海老澤清杯」というレースが開催されています。

競輪場は全国43カ所あるので、G3のレースは約40レース開催されることになります。

G1やG2を「全国規模のビッグレース」とすると、G3は「地元のビッグレース」といった感じです。

G3は1年で約40回くらいは開催されます。

F1・F2ってどんなレース?

競輪のF1・F2

F1・F2は最も低いグレードで、毎日どこかの競輪場で開催されています。

A級選手が中心になるので、これから成長する若手選手の走りを見ることができます。

グレードレースと比べると競輪場が空いているので、「ゆっくりとレースを観戦したい」という方におすすめです。

F1・F2は毎日開催されているぜ!

 

【競輪のグレードレース】2020年の日程と開催地

カレンダー

競輪のグレードレースの2020年の日程と開催地をまとめました。

全国規模のビッグレースである「GP、G1、G2」は赤文字にしています。

また、調査時に具体的なレース名が決まっていなかったレースは「開設記念競輪」としています。

グレードレース名日程開催地
G3 鳳凰賞典レース1月4日~1月7日立川
G3和歌山グランプリ1月10日~1月13日和歌山
G3東日本発祥倉茂記念杯1月16日~1月19日大宮
G3いわき金杯争奪戦1月23日~1月26日いわき平
G3玉藻杯争覇戦1月30日~2月2日高松
G1第35回読売新聞社杯
全日本選抜競輪
2月8日~2月11日豊橋
G3第2回小倉濱田翁カップ2月14日~2月16日小倉
G3たちあおい賞争奪戦2月21日~2月24日静岡
G3春日賞争覇戦2月27日~3月1日奈良
G3瀬戸の王子杯争奪戦3月5日~3月8日玉野
G3金亀杯争覇戦3月12日~3月15日松山
G3国際自転車トラック競技支援3月20日~3月22日久留米
G2第4回ウィナーズカップ3月26日~3月29日福井
G3開設記念競輪4月2日~4月5日高知
G3開設記念競輪4月9日~4月12日平塚
G3開設記念競輪4月16日~4月19日西武園
G3開設記念競輪4月23日~4月26日武雄
G1第74回日本選手権競輪5月5日~5月10日静岡
G3開設記念競輪5月16日~5月19日函館
G3開設記念競輪5月21日~5月24日宇都宮
G3開設記念競輪6月6日~6月9日久留米
G3開設記念競輪6月11日~6月14日青森
G1第71回高松宮記念杯競輪6月18日~6月21日和歌山
G3開設記念競輪6月27日~6月30日取手
G3開設記念競輪7月2日~7月5日小松島
G2第16回サマーナイトフェスティバル7月10日~7月12日いわき平
G3開設記念競輪7月18日~7月21日弥彦
G3開設記念競輪7月23日~7月26日福井
G3開設記念競輪7月30日~8月2日富山
G3開設記念競輪8月7日~8月10日函館
G1第63回オールスター競輪8月12日~8月16日名古屋
G3開設記念競輪8月22日~8月25日松戸
G3開設記念競輪8月27日~8月30日小田原
G3開設記念競輪9月3日~9月6日向日町
G3開設記念競輪9月10日~9月13日岐阜
G2第36回共同通信社杯9月18日~9月21日伊東
G3開設記念競輪9月26日~9月29日青森
G3開設記念競輪10月1日~10月4日久留米
G3開設記念競輪10月8日~10月11日松戸
G1第29回寛仁親王牌
世界選手権記念トーナメント
10月15日~10月18日前橋
G3開設記念競輪10月24日~10月27日京王閣
G3開設記念競輪10月31日~11月3日防府
G3開設記念競輪11月5日~11月8日四日市
G1第62回朝日新聞社杯競輪祭11月18日~11月23日小倉
G3開設記念競輪12月3日~12月6日別府
G3開設記念競輪12月17日~12月20日佐世保
G3開設記念競輪12月24日~12月27日広島
G2ヤンググランプリ12月29日平塚
GPKEIRINグランプリ202012月30日平塚

上の表から、G3は1ヵ月に2レース~4レース、G2以上は1ヵ月に1レースのペースで開催されていることがわかります。

そのため、ネット投票を使えば、グレードレースだけでも競輪を十分に楽しむことができます。

もちろん、近くの競輪場でレースが開催されているときは、遊びに行ってみるのがおすすめです。

この表で日程を確認して、カレンダーにメモしておきましょう。

競輪のグレードレースって、わりとたくさん開催されているんだな。

G2以上のレースはかなり盛り上がるから、ぜひ現地に行ってみてね。

 

【競輪のグレードレース】2019年の優勝賞金

優勝メダル

競輪のグレードレースの2019年の優勝賞金をまとめました。

グレードレース名優勝賞金
GP KEIRINグランプリ9,840万円
G1読売新聞社杯全
日本選抜競輪
2,800万円
G1日本選手権競輪5,800万円
G1高松宮記念杯競輪2,800万円
G1寛仁親王牌
世界選手権記念トーナメント
2,850万円
G1オールスター競輪4,200万円
G1朝日新聞社杯 競輪祭3,360万円
G2共同通信社杯1,940万円
G2サマーナイトフェスティバル1,040万円
G2ヤンググランプリ328万円
G2ウィナーズカップ1,940万円
G3開設記念競輪360万円

※金額は副賞含まず

グレードレースの優勝賞金は開催年によって少しずつ違うので、2020年の優勝賞金が上の表の金額になるとは限りません。

例えば、KEIRINグランプリの2019年の優勝賞金は、2018年の「9,660万円」から180万円増額されて「9,840万円」となっています。

優勝賞金は毎年変わるってことだな。

また、上の表から、グレードレースのなかでも「KEIRINグランプリ」の優勝賞金は特に高いことがわかります。

副賞も含めると「1億340万円」という金額で、「1レースの優勝賞金の世界最高額」としてギネス世界記録に登録されているほどです。

最高グレードのレースにふさわしい優勝賞金と言えますね。

その年の代表選手が1億円を賭けてレースするってことだね。

 

【競輪のグレードレース】出場選手の選抜方法

競輪のスタート

競輪のグレードレースの選手の選抜方法をまとめました。

グレードレース名選抜方法
GP KEIRINグランプリその年のG1優勝者と獲得賞金額の
上位選手を中心に選抜
G1読売新聞社杯全
日本選抜競輪
各都道府県において最も成績を残している選手を
中心に選抜
G1日本選手権競輪1年間の獲得賞金額の上位選手を
中心に選抜
G1高松宮記念杯競輪全国の競輪場を東地区と西地区に分けて選抜
G1寛仁親王牌
世界選手権記念トーナメント
自転車競技で活躍している選手を中心に選抜
G1オールスター競輪ファン投票の結果を重視して選抜
G1朝日新聞社杯 競輪祭開設記念競輪で1着~3着の選手を中心に選抜
G2共同通信社杯若手選手を多めに選抜
G2サマーナイトフェスティバルG1・G2・G3の優勝者と
F1の優勝回数の上位選手を中心に選抜
G2ヤンググランプリデビュー2年以内の
平均競走得点の上位選手を選抜
G2ウィナーズカップ車券に貢献している(1着~3着が多い)選手を
中心に選抜
G3開設記念競輪地元選手を多めに選抜

KEIRINグランプリに出場した選手は、翌年のKEIRINグランプリが開催されるまで「S級S班」という特別なランクになります。

そして、S級S班の選手は、全てのG1レースとヤンググランプリ以外のG2レースに優先的に出場することができます。

優勝賞金の高いレースにたくさん出場できるので、翌年のKEIRINグランプリにも出場しやすくなるわけですね。

S級S班は、本当に強い選手しかなれないわけだな。

 

2019年のGP・G1・G2の優勝者

競輪のゴール

2019年のGP・G1・G2の優勝者をまとめました。

グレードレース名優勝者
GP KEIRINグランプリ佐藤慎太郎
G1読売新聞社杯全
日本選抜競輪
中川誠一郎
G1日本選手権競輪脇本雄太
G1高松宮記念杯競輪中川誠一郎
G1寛仁親王牌
世界選手権記念トーナメント
村上博幸
G1オールスター競輪新田祐大
G1朝日新聞社杯 競輪祭松浦悠士
G2共同通信社杯郡司浩平
G2サマーナイトフェスティバル村上博幸
G2ヤンググランプリ松本貴治
G2ウィナーズカップ脇本雄太

上の表から、「脇本雄太」選手、「中川誠一郎」選手、「村上博幸」選手の3名はG2以上のグレードのレースを2回も優勝していることがわかります。

特に、G1レースを2つも優勝した「中川誠一郎」選手は絶好調の1年でした。

2020年も活躍が期待できるので、出走表で見かけたときは注目しておきましょう。

2019年に活躍した選手を覚えて、予想に活かしてみよう。

 

2019年のGP・G1・G2の結果と傾向

選ぶ

2019年のGP・G1・G2の決勝の結果をまとめました。

グレードレース名三連単オッズ
GP KEIRINグランプリ1439.2倍(410番人気)
G1読売新聞社杯全
日本選抜競輪
252.6倍(94番人気)
G1日本選手権競輪223.6倍(72番人気)
G1高松宮記念杯競輪444.9倍(164番人気)
G1寛仁親王牌
世界選手権記念トーナメント
168.9倍(55番人気)
G1オールスター競輪325.8倍(100番人気)
G1朝日新聞社杯 競輪祭40.8倍(8番人気)
G2共同通信社杯412.2倍(175番人気)
G2サマーナイトフェスティバル1149.2倍(239番人気)
G2ヤンググランプリ92.0倍(22番人気)
G2ウィナーズカップ11.2倍(1番人気)

上の表から、2019年のGP・G1・G2の決勝では、11レース中8レースで万車券が出ていることがわかります。

選手の実力が同じくらい高いので、他のグレードのレースに比べてレースが荒れやすいわけですね。

2020年のグレードレースでも、万車券を狙って予想を組み立てるのがいいかもしれません。

実力者同士が戦うから、何が起こるかわからないんだな。

グレードレースの決勝は、他のレースよりも荒れやすいと覚えておきましょう。

 

まとめ

おすすめ

競輪のグレードレースについて、もう一度まとめると、

  • GP・G1・G2・G3・F1・F2の6つのグレードがある
  • 格式の高いGP・G1・G2・G3がグレードレース
  • G3は1ヵ月に2レース~4レース、G2以上は1ヵ月に1レースのペースで開催
  • 最も格式が高い「グランプリ」の優勝賞金は約1億円
  • グレードレースでは万車券が出やすい

の5つです。

グレードレースには、競輪界を代表する選手たちが集まります。

レベルの高い白熱したレースが繰り広げられるので、近くの競輪場で開催されているときはぜひ遊びに行ってみてください。

さっそく、直近のグレードレースの日程をチェックしよう!

特に、G2以上のレースはおすすめですよ。

 

合わせて読みたい記事

© 2020 競輪予想サイトなら競輪兄弟!