競輪の回収率を上げるには?

競輪の回収率を上げるには?【100%以上を狙うための3つのステップ】

「競輪の回収率ってなに?」

「競輪の回収率は平均で何パーセント?」

「競輪の回収率を上げたい!」

という方に向けて、この記事では競輪の回収率についてまとめました。

競輪の回収率とは、「元々のお金が何倍になったのか?」を計算した数値です。

例えば、車券代を1万円賭けたレースで、払戻金を2万円受け取ったら、そのレースでの回収率は200%になります。

回収率が100%以上ならプラス収支ってことだな!

回収率を上げるには、的中率とオッズのバランスを考えて買い目を決めることが重要です。

的中率がどれだけ高くても、オッズが低すぎる買い目ばかりを狙っていても稼げません。

逆に、オッズがどれだけ高くても、的中率が低すぎる買い目ばかり狙ってもダメですね。

回収率を上げるための3つのステップを解説するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

競輪で稼ぐには「期待値の高い買い目」を狙いましょう。

 

 

競輪の回収率とは?

意味

競輪の回収率とは、「元々のお金が何倍になったのか?」を計算した数値です。

例えば、あるレースで元々のお金が2倍になったとしたら、そのレースでの回収率は200%になります。

競輪で稼ぐためには、回収率という考え方は必要不可欠です。

まずは、回収率の計算方法や平均値から、「回収率とは何なのか?」のイメージを掴んでいきましょう。

回収率は「払戻金/車券代」で計算できる

回収率は「払戻金/車券代」で計算できます。

例えば、あるレースで、車券代を合計1万円賭けて、払戻金を合計2万円受け取ったとしましょう。

このとき、このレースでの回収率は「2万円/1万円=200%」と計算できます。

これは、1万円が2倍(200%)の2万円に増えたという状況ですね。

車券を何種類か買ったときでも、合計の車券代と合計の払戻金で計算することがポイントです。

プラス収支のときは、回収率が100%以上になるんだな!

逆に、別のレースで、車券代を合計1万円賭けたところ、払戻金を合計5千円しか受け取れなかったとしましょう。

このとき、このレースでの回収率は「5千円/1万円=50%」と計算できます。

これは、1万円が0.5倍(50%)に減ったという状況ですね。

三連単を何十点も買ったときにオッズの低い買い目で的中すると、このように的中してもマイナス収支になることがあります。

競輪用語では「トリガミ」と呼ばれている現象です。

マイナス収支のときは、回収率は100%未満になります。

回収率はレースごと以外にも計算できる

回収率はレースごと以外にも計算できます。

例えば、1ヵ月間に使った車券代が合計30万円で、その月に受け取った払戻金が合計35万円だったとしましょう。

このとき、その月の回収率は「35万円/30万円=117%」と計算できます。

自分の予想の実力を知るには、月ごとや年ごとに回収率を計算してみるのがおすすめです。

よかったら、今日から車券代と払戻金の記録を付けて、1ヵ月間の回収率を計算してみてください。

1年間の回収率が100%以上の人が競輪勝ち組ってわけだな!

回収率の平均値は75%になる

競輪では、回収率の平均値は75%になります。

これは、車券の売上の75%が的中者に分配されると決められているからです。

1ヵ月間の回収率を計算したときに、50%未満なら予想下手、75%前後なら予想普通、100%以上なら予想上手と考えることができます。

予想の実力が普通でもトントンにはならず、お金が減っていってしまうわけですね。

そのため、自分の予想に自信を持てるまでは、少額の賭け金で予想の練習をするのがおすすめです。

回収率を計算して、自分の予想レベルを確認してみましょう。

 

競輪の回収率を上げるには?

電卓とお金

競輪の回収率を上げることは、競輪で稼げるようになることと同じ意味です。

世間で「競輪勝ち組」と呼ばれている方は、トータルで回収率100%以上を出しているわけですね。

回収率を上げるための3つのステップをまとめました。

回収率を上げる3つのステップ

  • 勝負するレースを選ぶ
  • 細かい予想材料を活かす
  • 期待値の高い買い目を狙う

この3つのステップを実践すれば、これまで以上に競輪の回収率を上げることができるでしょう。

それぞれのステップについて解説していくので、ぜひ実践してみてください。

【ステップ1】勝負するレースを選ぶ

出典:KEIRIN.JP

回収率を上げるためには、まずは勝負するレースを選びましょう。

競輪では、全てのレースに賭けていては、なかなか勝つことができません。

これは、先ほども解説した通り、車券の売上の75%しか的中者に分配されないことが原因ですね。

そのため、予想に自信のあるレースを選んで勝負するようにしましょう。

例えば、自分の知っている選手が出場しているレースや、自分がよく予想している競輪場のレースなどがおすすめです。

選手やバンクの特徴を知っているほうが、予想を当てやすくなるぜ!

【ステップ2】細かい予想材料を活かす

競輪のバンク

勝負するレースを選んだら、細かい予想材料を活かしてレース展開を予想しましょう。

競輪予想の基本はラインと競走得点で、これだけの予想材料でもある程度は予想できます。

しかし、これだけの予想材料しか使えないと、予想の精度はイマイチです。

例えば、強いと思っていたラインが負けてしまったり、スジ決着だと思っていたのにスジ違い決着になってしまったりします。

ラインの数ごとの戦略やバンクの特徴を予想に活かすことで、レース展開を正確に予想できるようになるのです。

競輪予想については、よかったら関連記事をチェックしてみてください。
競輪の予想方法の記事一覧
【競輪の予想方法の記事一覧】車券ごとの戦略や稼ぐコツをチェック!

競輪の予想方法の記事の一覧をまとめました。「自分の予想で勝てるようになりたい!」という方はチェックしてみてください。

続きを見る

【ステップ3】期待値の高い買い目を狙う

出典:KEIRIN.JP

細かい予想材料を活かしてレース展開を予想したら、狙っている買い目ごとの期待値を計算してみましょう。

私のブログでは、期待値を「的中率×オッズ」で計算した数値と定義しています。

簡単に言えば、期待値とは「買い目ごとの稼ぎやすさ」のことですね。

オッズは現地のモニターや投票サイトのオッズ一覧に載っていますが、的中率は自分のなかの感覚的なものです。

出走表などの情報から、「このくらいの確率で当たると思う」という数値を想定しましょう。

予想の実力が上がると、的中率の数値の感覚もわかってくるぜ!

回収率を上げるためには、期待値の高い買い目を狙うことが重要です。

例えば、あるレースで、買い目ごとの的中率とオッズが下の表のようになっていたとします。

買い目 的中率 オッズ
鉄板の買い目 40% 2.0倍
中穴の買い目 5% 25.0倍
大穴の買い目 1% 90.0倍

このとき、買い目ごとの期待値を計算すると、鉄板は「0.4×2.0=0.8」、中穴は「0.05×25.0=1.25」、大穴は「0.01×90.0=0.9」となります。

計算の結果、期待値が最も高いのは中穴の買い目とわかったので、このレースは中穴の買い目を狙うのがよさそうです。

これは、中穴の買い目が、的中率とオッズのバランスがよい買い目であることを意味しています。

逆に、鉄板の買い目は的中率は高いけどオッズが低い買い目で、大穴の買い目はオッズは高いけど的中率が低い買い目です。

このように、期待値を考えることで、「最も稼ぎやすい買い目がどれなのか?」を判断することができるのです。

鉄板狙いが稼ぎやすいときや、大穴狙いが稼ぎやすいときもあります。

ちなみに、自分が狙っている買い目について、「どれも思ったよりオッズが低いな」と感じたときは勝負しないのも一つの手です。

稼げそうにないレースを無理やり勝負したところで、何も良いことはありません。

じっと我慢して、次の勝負のために車券代を温存しておきましょう。

逆に、自分が狙っている買い目について、「思ったよりも高いオッズが付いている」と感じたときは大きく勝負してみるのもありですね。

的中率とオッズのバランスを考えて、最終的な買い目を決めるってことだな!
オイシイ買い目がないときは、車券を買わないのもありですね。

 

その他の細かいテクニック

赤ペン

競輪の回収率については、先ほどの3つのステップ以外にも、細かいテクニックがいくつかあります。

細かいテクニックを駆使することで、競輪の稼ぎに役立てることができるでしょう。

ここからは、3つのテクニックを解説するので、ぜひ覚えていってください。

回収率が低いうちは賭け金を小さくする

財布

競輪では、回収率が低いうちは賭け金を小さくするのがおすすめです。

目安としては、1ヵ月間の回収率が90%未満の方は、大きな勝負をしないほうがいいでしょう。

例えば、回収率70%の方が、1ヵ月間で10万円賭けた場合と、1ヵ月で50万円賭けた場合を比べてみました。

車券代 払戻金 回収率 収支
10万円 7万円 70% -3万円
50万円 35万円 70% -15万円

上の表から、回収率は同じでも、賭け金が大きいほうがマイナス収支も大きくなっていることがわかります。

3万円の出費なら勉強料と考えることもできますが、15万円の出費はさすがに厳しいですよね。

予想が下手なうちは、少額の賭け金で予想の腕を磨きましょう。

初心者は、1点につき100円で勝負するのがおすすめだな!

予想師の実力は回収率でチェックする

出典:競輪エンジョイ

競輪のインターネット投票ができる投票サイトでは、予想師が予想を公開していることがあります。

予想師の予想にそのまま乗っかっても稼げるわけではありませんが、競輪初心者が買い目の参考にするのはありですね。

さらに、投票サイトによっては、予想師の成績が載っていることもあります。

このとき、「どの予想師を参考にするのか?」は、的中率ではなく回収率に注目して決めましょう。

回収率は「稼げるかどうか?」の数値ですが、的中率は「当たっているかどうか?」の数値だからです。

回収率と的中率については、この記事の後半で詳しく解説します。

例えば、競輪エンジョイでは、予想を提供している記者の「回収率BEST」と「的中率BEST」を見ることができます。

上のイラストでは、回収率1位は「及位」記者、的中率1位は「堀江」記者となっていますね。

このとき、参考にするべきなのは「及位」記者の予想です。

「及位」記者は、的中率は低いですが回収率は高いので、当たる回数は少なくても稼げる買い目を公開しています。

逆に、「堀江」記者は、的中率は高いですが回収率は低いので、当たる回数は多いけれど稼げない買い目ということになります。

稼げる買い目を参考にしたほうが、自力予想の勉強になるぜ!

キャンペーンやポイント還元を利用する

出典:楽天Kドリームス

競輪のインターネット投票ができる投票サイトでは、キャンペーンやポイント還元などのサービスが行われています。

例えば、楽天Kドリームスでは、デルカポイントを抽選でもらえるキャンペーンが行われていたり、投票金額の1%~3%がポイント還元されたりします。

このようなサービスを利用するだけでも、回収率を何パーセントか上げられるわけですね。

私はこれまで、5個以上の投票サイトを調べましたが、一番のおすすめは楽天Kドリームスです。

定期的に新規登録キャンペーンも行われているので、よかったら登録してみてください。

キャンペーンやポイント還元を利用して、お得に投票しましょう。

 

競輪の回収率と的中率はどっちが重要?

疑問

競輪には、回収率の他にも「的中率」という考え方があります。

的中率とは、「予想がどれだけ的中したのか?」を計算した数値です。

例えば、合計10レースを予想して、そのうちの5レースが的中したとすると、的中率は「5レース/10レース=50%」と計算できます。

競輪初心者は的中率を重視しがちですが、本当に重視すべきなのは回収率です。

ここからは、その理由を具体例を挙げながら解説していきます。

的中率が高くても回収率が低いパターン

的中率が高くても回収率が低いというのは、当たる回数は多いけれど稼げていない状況です。

このような状況は、買い目点数が多すぎるときに起こりやすくなっています。

例えば、合計5レースで勝負したときの結果が、下の表のようになったとしましょう。

1点当たりに賭ける金額 買い目点数 車券代 的中オッズ 払戻金
1レース目 1,000円 20点 20,000円 8.0倍 8,000円
2レース目 1,000円 20点 20,000円 22.0倍 22,000円
3レース目 1,000円 20点 20,000円 18.0倍 18,000円
4レース目 1,000円 20点 20,000円 不的中 0円
5レース目 1,000円 20点 20,000円 32.0倍 32,000円

この例では、5レースのうち4レースが的中しているので、的中率は「4レース/5レース=80%」と計算できます。

一方、合計の車券代が合計10万円で、合計の払戻金が8万円なので、回収率は「8万円/10万円=80%」と計算できますね。

的中率は高いですが、トータルの収支はマイナスとなってしまいました。

結局のところ、どれだけ当たっていても、稼げるかどうかは別問題ということですね。

極端な話、車券を全通り買いすれば的中率は100%になりますが、車券代がかかりすぎるので稼ぐことはできません。

的中率を上げるために、買い目点数を増やすのは良くないってことだな!

的中率が低くても回収率が高いパターン

的中率が低くても回収率が高いというのは、当たる回数は少なくても稼げている状況です。

このような状況は、買い目点数を絞って的中を出せているときに起こりやすくなっています。

例えば、合計5レースで勝負したときの結果が、下の表のようになったとしましょう。

1点当たりに賭ける金額 買い目点数 車券代 的中オッズ 払戻金
1レース目 1,000円 5点 5,000円 8.0倍 8,000円
2レース目 1,000円 5点 5,000円 不的中 0円
3レース目 1,000円 5点 5,000円 不的中 0円
4レース目 1,000円 5点 5,000円 不的中 0円
5レース目 1,000円 5点 5,000円 32.0倍 32,000円

この例では、5レースのうち2レースしか的中していないので、的中率は「2レース/5レース=40%」と計算できます。

一方、合計の車券代が合計2万5千円で、合計の払戻金が4万円なので、回収率は「4万円/2万5千円=160%」と計算できますね。

買い目点数が多かったときよりも、的中率は下がっていますが、回収率は上がっていることがわかります。

的中率が低くても、車券代を抑えることでプラス収支を出せるわけですね。

的中率が50%未満でも、回収率100%以上を出すことができるのです。

回収率のほうが的中率よりも重要

もう一度、結論を伝えると、競輪で稼ぐためには「回収率のほうが的中率よりも重要」です。

競輪初心者は、的中率を上げるために、買い目点数を増やしすぎてしまうことがあります。

しかし、この方法ではいつまで経っても稼げるようにはなりません。

競輪で稼ぐためには、少ない買い目点数でも的中できるように、予想の勉強をするのがおすすめです。

このブログでは、この記事以外にも競輪予想に役立つ記事を書いているので、よかったらチェックしてみてください。

当てたい気持ちが強すぎて、間違った方法をやってしまうところだったぜ!
競輪予想についての記事もよかったらチェックしてみてください。
競輪の予想方法の記事一覧
【競輪の予想方法の記事一覧】車券ごとの戦略や稼ぐコツをチェック!

競輪の予想方法の記事の一覧をまとめました。「自分の予想で勝てるようになりたい!」という方はチェックしてみてください。

続きを見る

 

【競輪の回収率】まとめ

おすすめ

競輪の回収率についてまとめると、

  • 回収率は「元々のお金が何倍になったのか?」を計算した数値
  • 回収率は「払戻金/車券代」で計算できる
  • 回収率の平均値は75%になる
  • 回収率のほうが的中率よりも重要

の4つがポイントです。

また、回収率を上げるためには「1.勝負するレースを選ぶ」「2.細かい予想材料を活かす」「3.期待値の高い買い目を狙う」の3ステップを実践しましょう。

特に「3.期待値の高い買い目を狙う」で、的中率とオッズのバランスを考えながら、最終的な買い目を決めることが重要です。

車券を買うときは、この記事で読んだ内容を活かして、競輪勝ち組を目指してみてください。

俺もいつか回収率100%以上の勝ち組になりたいぜ!
競輪予想についての関連記事をまとめているので、よかったらチェックしてみてください。

 

合わせて読みたい記事

-競輪の予想方法

© 2020 競輪予想サイトなら競輪兄弟!