競輪の二枠単

競輪の二枠単は稼げる?全通りの点数・当たる確率・平均払戻金を解説!

「競輪の二枠単ってなに?」

「二枠単の当たる確率や平均払戻金が知りたい!」

「結局、二枠単って稼げるの?」

という方に向けて、この記事では競輪の二枠単についてまとめました。

一緒に二枠単について勉強して、競輪勝ち組を目指しましょう。

二枠単ってどんな車券なんだ?
まずは、二枠単の意味から解説していくね。

 

競輪の二枠単とは?

意味

競輪の二枠単とは、枠番で着順も含めて1着、2着を的中させる車券です。

枠番とは、車番ごとに振り分けられた番号のことで、9車立では下の表のようになっています。

枠番 車番
1枠 1番車
2枠 2番車
3枠 3番車
4枠 4番車、5番車
5枠 6番車、7番車
6枠 8番車、9番車

上の表から、1枠~3枠には1つの枠番につき1つの車番が、4枠~6枠には1つの枠番につき2つの車番が振られていることが分かります。

また、7車立のレースでは枠番は存在せず、二枠単の車券も販売されていません。

二枠単は9車立だけの車券ってことだな。

例えば、二枠単「1-2」は、レース結果が「1着が1番車、2着が2番車」のときに的中となります。

これは、二車単「1-2」に賭けたときと同じ的中条件になりますね。

次に、二枠単「1-4」は、レース結果が「1着が1番車、2着が4番車」または「1着が1番車、2着が5番車」のときに的中となります。

この場合は、買い目点数は1点ですが、的中する車番の組み合わせが2通りあります。

二枠単は、枠番の選び方によって的中する車番の組み合わせの数が変わってくるということです。

二枠単は、車番ではなく枠番で的中させることが特徴です。

二枠単の全通りの点数は?

二枠単の全通りの点数は33通りです。

まず、1着と2着に違う枠番を選ぶとすると、買い目は「6×5=30通り」あります。

次に、4枠~6枠については、1つの枠番に2つの車番が振られているので、同じ枠番を選ぶことができます。

例えば、二枠単「1-1」「2-2」「3-3」は不可能ですが、二枠単「4-4」「5-5」「6-6」は可能です。

まとめると、二枠単の全通りの点数は「30通り+3通り=33通り」となりますね。

計算が少し複雑なんだな!

二枠単の当たる確率は?

二枠単を1点買いしたときの当たる確率は、選んだ枠番によって変わってきます。

例えば、買い目ごとの当たる確率は、

  • 二枠単「1-2」:1.39%(1/72)
  • 二枠単「1-4」:2.78%(2/72)
  • 二枠単「4-5」:5.56%(4/72)

のように計算できます。

1枠~3枠を入れると当たる確率が低くなり、4枠~6枠を入れると当たる確率が高くなるということですね。

また、二枠単の1点買いしたときの当たる確率は、ワイドよりは低く、二車単よりは高いくらいです。

二枠単は、全7種類の車券のなかでは当たりやすい車券と言えます。

このように書くと、二枠単「4-5」のほうが二枠単「1-2」よりも当たりやすいように感じますが、実際にはそうではありません。

競輪の出走表は、4番車、6番車、8番車が弱い選手になるように組まれるからです(通称「ヨーロッパ(468)」)。

例えば、二枠単「4-5」は、

  • 二車単「4-6」
  • 二車単「4-7」
  • 二車単「5-6」
  • 二車単「5-7」

の4点買いと当たる確率は同じです。

しかし、4番車と6番車が車券に絡まないと考えると、二車単「5-7」を買っているのと同じになります。

当たる確率が高くなるからと言って、4枠~6枠をむやみに入れても仕方ないということですね。

二枠単を買うときは、4枠~6枠を入れれば得するってわけじゃないんだな!

二枠単の平均払戻金(平均配当)は?

二枠単の平均払戻金(平均配当)は2,200円です。

実際に、2019年10月11日~15日(12日は台風のため順延)に開催されたG1「寛仁親王牌・世界選手権記念」の全48レースについて、二枠単の払戻金をまとめました。

1日目 2日目 3日目 4日目
第1レース 4,060円 2,380円 1,500円 1,570円
第2レース 530円 2,910円 880円 1,050円
第3レース 440円 1,170円 1,760円 3,900円
第4レース 1,630円 1,010円 1,520円 510円
第5レース 1,090円 920円 3,150円 2,710円
第6レース 5,410円 2,620円 1,760円 1,410円
第7レース 350円 950円 1,960円 2,090円
第8レース 3,760円 320円 800円 770円
第9レース 460円 1,290円 2,320円 2,580円
第10レース 3,060円 3,280円 8,280円 2,060円
第11レース 2,590円 210円 1,880円 470円
第12レース 3,350円 1,040円 1,290円 2,470円

上の表から、二枠単の平均払戻金を計算してみると約1,948円になります。

ここで注意したいことは、平均払戻金はレースが荒れたときの高額払戻金によって引き上げられていることです。

全てのレースで2,000円前後の払戻金が出るわけではないということですね。

二枠単では、万車券(1万円を超える払戻金の車券)はほとんど出ません。

二枠単のボックス買いの点数は?

二枠単のボックス買いをするときに、「枠番をいくつ選んだら、何点買いになるのか?」を下の表にまとめました。

選んだ枠番の数 買い目点数
1枠 1点
2枠 2~4点
3枠 6~9点
4枠 12~15点
5枠 20~23点
6枠 30~33点

二枠単のボックス買いの点数は、選んだ枠番によって変わります。

4枠~6枠を選ぶと、「4-4」のような「1着と2着に同じ枠番を選んだ買い目」が出てくるからです。

例えば、1枠、2枠、4枠を選んだ二枠単3枠ボックスは、二枠単「1-2」「1-4」「2-1」「2-4」「4-1」「4-2」「4-4」の7点買いになります。

ボックス買いは、買い目点数が多くなりやすいので注意だ!

 

以上で、二枠単についての簡単な説明は終了です。

枠番を使って予想するので、三連単や二車単などとは違った特徴があることが分かりましたね。

次は、二枠単で稼げるのかどうかの解説をしていきます。

 

競輪の二枠単は稼げる?

大金

結論から言うと、私は競輪の二枠単で稼ぐことは難しいと考えています。

なぜなら、枠番で予想するのは、車番で予想することよりも難しいからです。

ただし、二車単で予想したあと、二枠単で車券を買うことで得することがあります。

具体的にはどういうときなんだ?

それは、同じ買い目に対して、二枠単のオッズが二車単のオッズよりも高くなっているときです。

オッズは車券ごとに計算されるので、二車単では人気の高い買い目が二枠単では人気が低いことがあります。

例えば、2019年10月23日の福井競輪場の第10レースを見てみましょう。

福井競輪場の第10レース

このレースのライン予想は「713/295/846」の3分戦でした。

競走得点を見ると、713ラインがレースの主導権を握りそうですね。

1着と2着が713ラインから出ると予想して、二車単と二枠単の買い目ごとのオッズをまとめました。

レース結果 二車単 二枠単
1着が1番車
2着が3番車
「1-3」
25.6倍
「1-3」
28.2倍
1着が1番車
2着が7番車
「1-7」
4.5倍
「1-5」
4.5倍
1着が3番車
2着が1番車
「3-1」
158.9倍
「3-1」
133.5倍
1着が3番車
2着が7番車
「3-7」
224.5倍
「3-5」
111.3倍
1着が7番車
2着が1番車
「7-1」
4.2倍
「5-1」
4.4倍
1着が7番車
2着が3番車
「7-3」
74.4倍
「5-3」
58.5倍

上の表から、「1着が1番車、2着が3番車」「1着が7番車、2着が1番車」の2パターンについては、二枠単のほうが二車単よりもオッズが高くなっていることが分かります。

また「1着が1番車、2着が7番車」については、二枠単と二車単でオッズが同じなので、的中する車番の組み合わせが多い二枠単のほうがお得です。

このことから、このレースでは二車単「3-1」「3-7」「7-3」と二枠単「1-3」「1-5」「5-1」を買うのが良いでしょう。

さて、気になるレースの結果は……?

 

福井競輪場の第10レースの結果

レース結果は「1-3-7」だったので、予想は見事に的中です。

二車単「1-3」のオッズは25.6倍、二枠単「1-3」のオッズは28.2倍だったので、二枠単で賭けて正解でしたね。

このように、二車単の車券を買う前に二枠単のオッズと比べることで、的中したときの旨味を出すことができるんです。

いちいち見比べるのは面倒だな!
でも、そういう細かい工夫が競輪勝ち組への近道になるんだよ。

 

以上で、二枠単をうまく使う方法についての解説は終了です。

最後に、二枠単を買うときのマークシートの書き方について説明していきます。

 

競輪の二枠単のマークシートの書き方は?

赤ペン

競輪場には「通常のマークシート」と「フォーメーション/ボックスマークシート」の2種類があります。

どちらを使っても二枠単を買えるので、慣れていないうちはマークが簡単な「通常のマークシート」を使うのが良いでしょう。

ちなみに、正式には「マークカード」なのですが、当サイトでは読者さんに伝わりやすいように「マークシート」と書いています。

二枠単は通常のマークシートで買うんだな!

「通常のマークシート」のマークする箇所は、

  1. レース開催場所
  2. 賭式
  3. レース番号
  4. レース予想
  5. 入金額

の5カ所です。

マークするときには、「レース予想」と「入金額」の2つに注意しましょう。

まず、「レース予想」には、1着、2着を枠番でマークします。

車番ではなく枠番でマークするので、間違えないように気を付けてください。

4枠~6枠の枠番をマークするときは、特に要注意です。

次に、買い目ごとに「入金額」を「金額」と「単位」でマークします。

例えば、ある買い目に200円賭けたいときには、1点の金額に「2」、単位に「百円」をマークしましょう。

特に、慣れていないうちは「単位」のマーク忘れが多いです。

また、複数の買い目を買うときは、買い目ごとに「入金額」をマークする必要があります。

単位は特にマークを忘れやすいぜ!
マークシートの書き方を覚えたら、さっそく二枠単を買ってみよう。

 

以上で、二枠単のマークシートの書き方の説明は終了です。

最後に、もう一度、この記事の内容をおさらいしましょう。

 

競輪の二枠単のおさらい

おすすめ

競輪の二枠単について、もう一度まとめると、

  • 枠番で着順も含めて1着、2着を的中させる車券
  • 4枠~6枠は1つの枠番に2つの車番が振られている
  • 二車単と組み合わせて使うのがおすすめ

の3つがポイントです。

二枠単は、始めから枠番で予想するのではなく、車番で予想してから二車単とうまく組み合わせることが重要です。

この記事で読んだことを活かして、明日からさっそく試してみてください。

競輪予想について、もっと詳しく知りたいぜ!
関連記事をいくつか紹介するから、良かったらチェックしてみてください。

 

合わせて読みたい記事

-競輪の予想方法

© 2020 競輪予想サイトなら競輪兄弟!