競輪の級班

競輪の級班とは?入れ替え時期や次期級班を解説【2022後期】

この記事では、競輪の級班について、

「級班ってなに?」

「2022年後期の次期級班は?」

「級班は予想に活かせる?」

といった疑問に回答していきます。

競輪の級班は、選手を実力順に6つのランク(SS・S1・S2・A1・A2・A3)に分けたものです。

定期昇級は1月と7月に行われ、選手の半年間の成績をもとに次期級班が決定します。

2022年7月1日からは新しい級班になるので、級班が変わる選手には注目しておきましょう。

例えば、前期S級の選手がA級のレースに出場しているときは、評価を上げるのがおすすめですね。

ここからは、級班の基礎知識と予想のコツを解説するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

級班は、選手の実力を判断する最も簡単な予想材料だな!
級班が高い選手ほど、グレードの高いレースに出場できますね。

 

競輪の級班とは?

意味

競輪の級班とは、選手を6つのランク(SS・S1・S2・A1・A2・A3)に分けたものです。

級班が高いほどグレードの高いレースに出場できて、獲得できる賞金や年収も多くなります。

また、級班は、基本的には毎年1月と7月に行われる定期昇級によって変わりますね。

ただし、特別な条件を満たすことで、これ以外のタイミングで特別昇級することもあります。

ここからは、競輪の級班の基礎知識や仕組みを解説するので、確認してみてください。

級班の基礎知識

  • 選手が6つのランクに分けられる
  • 級班ごとに出場できるレースが違う
  • 定期昇級での入れ替え時期は1月と7月
  • 選手の評価点の上位と下位が入れ替わる
  • 特別昇級には2つの方法がある
  • 級班によってユニフォームが変わる
  • ガールズケイリンは全てL級1班
競輪の公式サイトの解説も載せておきますね。

競輪選手はS級とA級の2クラスに分けられています。さらにS級はS班、1班、2班に分けられ、A級は1班~3班に分けられています。
競輪学校卒業後の新人選手は、まずA級3班に格付けされます。年に2回、成績によって各級班の昇降が行われます。

引用:S級S班とは?

選手が6つのランクに分けられる

級班の6つのランク

競輪の級班とは、競輪選手を実力順に6つのランクにグループ分けしたものです。

ランクは上から順番に、S級S班、S級1班、S級2班、A級1班、A級2班、A級3班となっています。

例えば、S級S班は、前年の競輪グランプリに出場した9名の選手だけが所属できますね。

一方、A級3班には、デビューしたばかりの新人選手や本当に成績の悪い選手が所属しています。

このように、選手の実力を知りたいときは、まずはその選手の級班を確認してみましょう。

選手の級班は、出走表に必ず載っているぜ!

級班ごとに出場できるレースが違う

級班ごとの出場レース

競輪では、選手の級班によって出場できるレースのグレードが決まっています。

級班が高いほどグレードの高いレースに出場でき、獲得できる賞金も多くなりますね。

例えば、グレードの高いG3以上のレースには、S級選手だけが出場できます。

また、競輪では、S級選手はS級選手同士、A級選手はA級選手同士でレースが行われます。

これは、選手間の実力差がありすぎると、レースが勝負にならないからでしょう。

競輪では、S級選手とA級選手が同じレースを走ることはありませんね。

定期昇級での入れ替え時期は1月と7月

級班の入れ替え時期

競輪の級班は、定期昇級によって昇級・降級が行われ、1月と7月に入れ替わります。

これは、競輪の1年間は、前期が1~6月、後期が7~12月となっているからです。

定期昇級では、選手の級班が1年前の同じ期の成績によって決まります。

例えば、2022年後期の級班は、2021年後期の半年間の成績によって決まりますね。

級班は半年~1年以上前の成績で決まるので、予想材料として使いにくいこともあります。

級班は、直近の選手の実力を反映しているわけではないんだな!

選手の評価点の上位と下位が入れ替わる

級班の入れ替え人数

競輪の定期昇級では、はじめに選手の評価点を「平均競走得点-失格点」で計算します。

平均競走得点は「競走得点の合計/出走回数」、失格点は「失格回数×3」で計算した数値です。

次に、S級選手の評価点の下位150名と、A級選手の評価点の上位150名を入れ替えます。

また、同じように、A級2班とA級3班の間でも、評価点の上位と下位の120名を入れ替えますね。

最後に、同じ級のなかで評価点をもとに班を振り分けていくと、定期昇級が完了します。

定期昇級では、成績上位と成績下位の選手が必ず入れ替わるわけですね。

特別昇級には2つの方法がある

3場所連続完全優勝

出典:KEIRIN.JP

競輪の特別昇級では、A級3班からA級2班に、A級1・2班からS級2班に昇級できます。

まず、特別昇級のやり方の1つ目は、3場所連続で完全優勝(全て1着で優勝)することです。

例えば「深谷知広」選手は、デビューから18連勝して一気にS級2班になりました。

次に、特別昇級のやり方の2つ目は、年2回のレインボーカップで3着以内に入ることです。

レインボーカップには、各期のはじめ3ヵ月間で競走得点上位に入れば出場できます。

特別昇級した選手は、昇級した期を含めて3期の間は降級しないぜ!

級班によってユニフォームが変わる

級班ごとのズボン

出典:KEIRIN.JP

競輪では、級班によって選手が身に付けるユニフォームのズボンが変わります。

S級のズボンは、S班なら赤ベースに黒ライン、1・2班なら黒ベースに赤ラインです。

また、A級のズボンは、班に関わらず黒ベースに緑ラインが入っています。

ちなみに、ユニフォームのヘルメットやシャツは、車番ごとに色が決まっていますね。

車番の色は1~9番車の順番に、白、黒、赤、水色、黄、緑、橙、ピンク、紫です。

S級S班だけ赤ベースなので、レース中も目立っていてカッコイイですね。

ガールズケイリンは全てL級1班

ガールズケイリンの級班

出典:KEIRIN.JP

ガールズケイリンには級班が1つしかなく、全ての選手がL級1班に所属します。

これは、ガールズケイリンの選手は人数が少なく、選手をランク分けできないからでしょう。

そのため、ガールズケイリンでは、通常の競輪より選手間の実力差が出やすくなります。

例えば、通算400勝の「児玉碧衣」選手が、デビュー直後の選手と同じレースに出場しますね。

鉄板狙いが好きな方は、通常の競輪ではなくガールズケイリンを狙うのもありでしょう。

ガールズケイリンでは、選手間の実力差が大きくなりやすいぜ!

 

競輪の次期級班は?【2022年後期】

野球

競輪の級班は、定期昇級によって昇級・降級が行われ、1月と7月に入れ替わります。

この記事を書いているのは2022年6月30日なので、明日から新しい級班です。

2022年後期(2022年7~12月)の級班は、2021年後期(2021年7~12月)の成績で決まります。

また、2022年6月にレインボーカップが行われ、3着以内の選手は特別昇級していますね。

ここからは、2022年後期の定期昇級で、級班が変わった選手を紹介していきます。

2022年後期の級班ごとの選手を確認しましょう。

S級S班は「古性優作」選手など9名

古性優作

出典:KEIRIN.JP

競輪のS級S班には、前年の競輪グランプリに出場した9名の選手が所属します。

S級S班は他の級班と違って1年間は変わらないので、2022年7月には所属選手が変わりません。

2022年のS級S班の選手は、

の9名です。

この9名は2022年後期も活躍する可能性が高いので、選手名を覚えておきましょう。

また「古性優作」選手は、すでに2022年のG1レースを2回も優勝しています。

2021年の競輪グランプリを優勝したときから、かなり調子が良いと言えそうですね。

S級S班の選手は、約2,200名の競輪選手の頂点に立った9名だな!

S級1班は「隅田洋介」選手など212名

隅田洋介

出典:KEIRIN.JP

競輪のS級1班には、実力的にはS級S班の選手とほとんど変わらない選手が所属しています。

2022年後期は、評価点が114.97~103.85の212名の選手が所属することになりました。

S級1班に昇級・昇班する選手としては、

  • 「稲村成浩」選手(S2→S1)
  • 「伏見俊昭」選手(S2→S1)
  • 「大塚健一郎」選手(S2→S1)
  • 「佐々木則幸」選手(S2→S1)
  • 「小岩大介」選手(S2→S1)
  • 「桐山敬太郎」選手(S2→S1)
  • 「柴崎俊光」選手(S2→S1)
  • 「鈴木竜士」選手(S2→S1)
  • 「須永優太」選手(S2→S1)
  • 「隅田洋介」選手(S2→S1)
  • 「藤井侑吾」選手(S2→S1)
  • 「松岡辰泰」選手(S2→S1)
  • 「松本秀之介」選手(S2→S1)
  • 「新田康仁」選手(A1→S1)

などが挙げられます。

このうち「隅田洋介」選手や「藤井侑吾」は初のS級1班なので、今後の活躍に注目ですね。

また「新田康仁」選手はA級1班から一気にS級1班になるので、かなり好調だと言えるでしょう。

S級1班の選手は、S級S班の選手に勝つこともあるので、1着狙いも検討してみてください。

S級1班の選手は、競輪選手全体の上位約10%の選手ですね。

S級2班は「北野良栄」選手など450名

北野良栄

出典:KEIRIN.JP

競輪のS級2班には、S級1班にあと一歩で届かなかった選手が所属しています。

2022年後期は、評価点が103.78~91.17の450名の選手が所属することになりました。

S級2班に昇級する選手としては、

  • 「三住博昭」選手(A1→S2)
  • 「松坂英司」選手(A1→S2)
  • 「甲斐康昭」選手(A1→S2)
  • 「平原啓多」選手(A1→S2)
  • 「長田龍拳」選手(A1→S2)
  • 「貴志修己」選手(A1→S2)
  • 「山本勝利」選手(A1→S2)
  • 「渡邉雅也」選手(A1→S2)
  • 「齋木翔多」選手(A1→S2)

などが挙げられます。

また、2022年6月7日には、レインボーカップA級ファイナルが行われました。

このレースでは「北野良栄」選手、「台和紀」選手、「八谷誠賢」選手が特別昇級しましたね。

S級2班の選手は高配当が付きやすいので、直近成績が良ければ狙ってみてください。

S級2班の選手でも、好調ならS級1班の選手に勝てることがあるぜ!

A級1班は「三宅伸」選手など512名

三宅伸

出典:KEIRIN.JP

競輪のA級1班には、S級から惜しくも降級してしまった選手が所属しています。

2022年後期は、評価点が97.83~85.00の512名の選手が所属することになりました。

A級1班に降級する選手としては、

  • 「三宅伸」選手(S2→A1)
  • 「加倉正義」選手(S2→A1)
  • 「渡邉晴智」選手(S2→A1)
  • 「前田拓也」選手(S2→A1)
  • 「山内卓也」選手(S2→A1)
  • 「早坂秀悟」選手(S2→A1)

などが挙げられます。

この6名の選手は、かつてはG1レースに出場したこともあるベテラン選手です。

例えば「三宅伸」選手は、2008年の全日本選抜競輪を優勝しています。

年齢をとってS級での活躍が難しくなっただけなので、A級ならまだまだ活躍できそうですね。

A級レースでは、元S級の選手に注目してみてください。

A級2班は「深瀬泰我」選手など518名

深瀬泰我

出典:KEIRIN.JP

競輪のA級2班には、デビューから順調に活躍している若手選手が所属しています。

2022年後期は、評価点が85.42~73.05の選手が所属することになりました。

A級2班に昇級する選手としては、

  • 「牛田樹希斗」選手(A3→A2)
  • 「北川大成」選手(A3→A2)
  • 「大槇大介」選手(A3→A2)
  • 「金田涼馬」選手(A3→A2)
  • 「佐藤竜太」選手(A3→A2)
  • 「上野恭哉」選手(A3→A2)
  • 「大高彰馬」選手(A3→A2)
  • 「松本憲斗」選手(A3→A2)

などが挙げられます。

また、2022年6月28日には、レインボーカップチャレンジファイナルが行われました。

このレースでは「深瀬泰我」選手、「窪木一茂」選手、「上遠野拓馬」選手が特別昇級しましたね。

A級2班に昇級した若手選手は勢いがあるので、直近成績が良ければ狙ってみてください。

A級2班には、勢いのある若手選手が多いぜ!

A級3班は「佐々木浩三」選手など493名

佐々木浩三

出典:KEIRIN.JP

競輪のA級3班は、デビュー直後の新人選手や成績が本当に悪い選手が所属しています。

2022年後期は、評価点が80.80~52.50の選手が所属することになりました。

A級3班に降班する選手としては、

  • 「佐々木浩三」選手(A2→A3)
  • 「服部克久」選手(A1→A3)
  • 「倉岡慎太郎」選手(A2→A3)
  • 「才迫勇馬」選手(A2→A3)

などが挙げられます。

この4名の選手は、かつてはG1レースに出場したこともあるベテラン選手です。

しかし、年齢をとって、レースでの活躍が難しくなっているようですね。

デビュー直後の新人選手のほうが勢いがあるので、そちらを狙うのがおすすめです。

A級3班の選手は、A級3班同士でチャレンジレースを走りますね。

 

競輪の級班を予想に活かすには?

比較

競輪の級班は、選手の実力を判断するときに最も基本となる予想材料です。

基本的には、級班が高い選手のほうが強いと考えていいでしょう。

ただし、競輪ではS級選手はS級選手同士、A級選手はA級選手同士でレースが行われます。

そのため、級班だけでは選手の実力を判断しきれないので注意が必要です。

ここからは、競輪の級班を予想に活かすコツとして、以下の3つを解説していきます。

級班を予想に活かす方法

  • 前期と級が違う選手に注目する
  • 特別昇級した選手に注目する
  • 最終的には直近成績を確認する
級班を予想に活かして、車券の収支をアップさせましょう。

前期と級が違う選手に注目する

前期と級が違う選手

出典:KEIRIN.JP

競輪の級班を予想に活かすコツの1つ目は、前期と級が違う選手に注目することです。

これは、S級レースとA級レースでは明らかにレースのレベルが違うからですね。

S級レースで活躍できずにA級に昇級した選手でも、A級レースなら活躍できる可能性が高いです。

そのため、前期S級の選手がA級レースに出場しているときは、評価を上げてみましょう。

逆に、前期A級の選手がS級レースに出場しているときは、評価を下げるのがおすすめですね。

出走表には、選手の級班が「級班前現」として書かれているぜ!

特別昇級した選手に注目する

特別昇級した選手

出典:KEIRIN.JP

競輪の級班を予想に活かすコツの2つ目は、特別昇級した選手に注目することです。

これは、特別昇級した選手は、昇級前の級班では別格の強さだったことになるからですね。

選手の競走得点は、出場するレースのグレードによって上限が決まっています。

なので、デビュー直後の新人選手がS級の実力でも、A級の期間は競走得点が高くなりません。

特別昇級した選手の競走得点が低くても、活躍できる可能性が高いので注意しましょう。

特別昇級は、選手の実力に級班や競走得点が追いついていない状況なのです。

最終的には直近成績を確認する

出走表の直近成績

出典:KEIRIN.JP

競輪を予想するときは、最終的には級班ではなく直近成績を確認するのがおすすめです。

これは、級班が半年~1年以上前の成績をもとに決められているからですね。

例えば、2022年7~12月の級班は、2021年7~12月の成績によって決められています。

このように級班はタイムラグがあるので、直近の選手の調子は反映されません。

出走表には直近4ヵ月間の競走得点や勝率が載っているので、こちらを参考にしましょう。

選手の級班は、あくまで参考程度にしておくのが良さそうだな!

 

競輪の級班|よくある質問

意味

ここからは、競輪の級班についてのよくある質問をまとめました。

気になる疑問があれば、回答を読んで解決しておきましょう。

競輪のA級1班の年収は?

競輪のA級1班の選手の年収は、約850万円と言われています。

優勝賞金はレースごとに違い、例えば「A級1・2班 5レース 3日制」の優勝賞金は427,000万円です。

競輪のA級2班の年収は?

競輪のA級2班の選手の年収は、約700万円と言われています。

A級1班と出場するレースは同じなので、着順が悪い分だけ年収も低くなっていますね。

競輪のA級3班の年収は?

競輪のA級3班の選手の年収は、約600万円と言われています。

A級3班が出場するチャレンジレースは、A級1・2班が出場するレースよりも賞金が低いですね。

競輪のA級のランキングは?

競輪のA級のランキングは、KEIRIN.JPの「検索/資料室」で確認できます。

級班を指定すると選手一覧を検索できるので、競走得点の順番に並べ替えてみてください。

競輪の級班について、細かい部分までわかったぜ!
最後に、この記事の内容をおさらいしましょう。

 

競輪の級班|まとめ

おすすめ

競輪の級班についておさらいすると、

  • 選手が6つのランクに分けられる
  • 級班ごとに出場できるレースが違う
  • 定期昇級での入れ替え時期は1月と7月
  • ガールズケイリンは全てL級1班
  • 2022年7月1日からは2022年後期の級班

の5つがポイントです。

予想するときは、前期と級が違う選手や特別昇級した選手に注意しましょう。

また、級班は最近の調子を反映しないので、最終的には直近成績を確認するのがおすすめです。

この記事でマスターした内容を活かして、競輪の収支アップにつなげてみてください。

初心者は、まずは級班から選手の強さを判断しよう!
選手の級班は、出走表の選手名のすぐ近くに載っていますね。

 

おすすめの関連記事

-初めての競輪