競輪の代謝とは

競輪の代謝とは?2023年前期のボーダーと選手のランキング!

この記事では、競輪の代謝について、以下の疑問にわかりやすく回答していきます。

「代謝ってなに?どんな仕組み?」

「2023年前期に代謝になりそうな選手は?」

「代謝を予想に活かすには?」

競輪の代謝とは、毎年6月末と12月末に、平均競走得点が低い選手を強制引退させる制度です。

期末ごとに、男子競輪では30名、ガールズケイリンでは3名が代謝になります。

2023年前期のボーダーは、男子競輪は68.1点付近、ガールズケイリンは45.8点付近になりそうですね。

代謝候補の選手は6月と12月は勝負駆けになるので、選手名を覚えておきましょう。

ここからは、代謝の基礎知識や予想のコツを解説するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

強制的に引退させるのは、少し厳しい制度な気もするぜ!
ですが、代謝があるからこそ、選手のレベルが保たれるのです。

 

競輪の代謝(代謝制度)とは?

意味

競輪の代謝(代謝制度)とは、平均競走得点が低い選手を強制的に引退させる制度のことです。

毎年6月末と12月末に行われ、男子選手30名と女子選手3名が代謝になります。

代謝になった選手は、その後は二度と選手に復帰できないので、選手にとっては厳しい制度です。

とはいえ、代謝があることにより、選手のレベルを保つことができています。

代謝は厳しい制度ですが、私たち競輪ファンがレースを楽しむのに必要な制度とも言えますね。

代謝の基礎知識

  • 代謝は選手を強制引退させる制度
  • 代謝は毎年6月末と12月末に行われる
  • 代謝の人数は男子30名、女子3名
  • 代謝になった選手は復帰できない
ここからは、代謝の基礎知識について解説していきます。

代謝は選手を強制引退させる制度

強制引退

競輪の代謝は、対象になった選手の登録を消除(しょうじょ)して、強制的に引退させる制度です。

ただし、すぐに登録消除するのではなく、本人からの申告を受けてから登録消除します。

そのため、代謝になった選手は本当はクビ扱いなのですが、記録としては引退扱いになりますね。

また、代謝ではありませんが、怪我などによる長期欠場も登録消除の対象になります。

選手の長期欠場期間は最長3年と決められていて、これを超えると登録消除になってしまうようです。

代謝になった選手は、数ヵ月以内に選手登録が消除されるぜ!

代謝は毎年6月末と12月末に行われる

カレンダー

競輪の代謝は、前期は1~6月の成績から6月末に、後期は7~12月の成績から12月末に行われます。

この前期と後期の区切りは、選手の級班を決める定期昇級と同じですね。

代謝の対象になりそうな選手は、毎年6月と12月に、競走得点を少しでも上げようと勝負駆けします。

6月と12月に良い成績をとれば、翌月以降も選手を続けられる可能性があるからです。

逆に、代謝の対象にならなさそうな選手は、競走得点を下げないために欠場することもあります。

毎年6月と12月は、代謝になりそうな選手の勝負駆けに注意しましょう。

代謝の人数は男子30名、女子3名

野球

競輪の代謝になる選手の人数は、男子競輪では30名、ガールズケイリンでは3名と決まっています。

競走得点が〇点以下なら代謝というわけではなく、選手同士の競い合いになりますね。

また、この記事を書いている2023年5月には、男子選手は2,232名、女子選手は195名いました。

なので、代謝の対象は男子なら成績下位1.34%、女子選手なら成績下位1.53%です。

代謝は選手にとって厳しい制度ですが、代謝になるのは本当に成績の悪い選手とも言えるでしょう。

選手全体から考えると、代謝になる選手の割合はそこまで多くないぜ!

代謝になった選手は復帰できない

復帰できない

競輪では、一度でも代謝になって登録消除された選手は、二度と競輪選手に復帰できません。

これは、登録消除された選手は日本競輪選手養成所に入所できないからです。

競輪選手になるには、日本競輪選手養成所を卒業して、国家試験に合格しなければいけません。

そのため、養成所に入所できなければ、競輪選手になれないわけですね。

代謝になった元選手は、競輪場の警備員になったり、飲食店を経営したりと色々らしいです。

代謝になった選手は、その後は選手以外の第二の人生を歩み始めますね。

 

競輪の代謝になる具体的な条件

高評価

競輪の代謝になる具体的な条件は、選手全体のなかで、平均競走得点が下位になることです。

代謝の対象を決める流れは、具体的には下記の通りですね。

代謝の条件

  • 平均競走得点が2期連続で70点未満
    (ガールズケイリンでは47点未満)
  • 平均競走得点の3期平均が70点未満
    (ガールズケイリンでは47点未満)
  • 平均競走得点の3期平均が下位30名
    (ガールズケイリンでは下位3名)

競走得点とは、着順ごとに選手に与えられる得点で、着順が良ければ高い得点をもらえます。

そのため、代謝の対象になるのは、悪い着順ばかりとっている選手になりますね。

ここからは、ガールズケイリンを例にとって、代謝の条件をわかりやすく解説していきます。

代謝になる具体的な条件をマスターしましょう。

代謝の条件1|平均競走得点が2期連続で47点未満

 1期目2期目3期目3期平均
選手A45.0点45.0点45.0点45.0点
選手B45.0点45.0点46.0点45.3点
選手C45.0点46.0点46.0点45.7点
選手D46.0点46.0点46.0点46.0点
選手E46.0点46.0点48.0点46.7点
選手F46.0点46.0点50.0点47.3点
選手G46.0点48.0点46.0点46.6点

ガールズケイリンの代謝の条件1は、平均競走得点が2期連続で47点未満になることです。

上の表で、この条件が当てはまるのは選手A~選手Fの6名ですね。

選手A~選手Dは、1期目、2期目、3期目の3期連続で、平均競走得点が47点未満でした。

また、選手Eと選手Fは、1期目と2期目の2期連続で47点未満となっています。

一方、選手Gは平均競走得点が2期連続で47点未満の期間がないので、代謝になりません。

代謝の条件1では、2期連続かどうかってところがポイントだな!

代謝の条件2|平均競走得点の3期平均が47点未満

 1期目2期目3期目3期平均
選手A45.0点45.0点45.0点45.0点
選手B45.0点45.0点46.0点45.3点
選手C45.0点46.0点46.0点45.7点
選手D46.0点46.0点46.0点46.0点
選手E46.0点46.0点48.0点46.7点
選手F46.0点46.0点50.0点47.3点

ガールズケイリンの代謝の条件2は、平均競走得点の3期平均が47点未満になることです。

上の表で、この条件が当てはまるのは選手A~選手Eの5名ですね。

表の一番右の列に3期平均を載せましたが、この5名は3期平均が47点未満になっています。

一方、選手Fは3期平均が47.3点なので、代謝の対象にはなりません。

つまり、2期連続で47点未満になっても、3期目で頑張れば代謝の対象外になるわけです。

代謝の条件2では、競走得点の3期平均がポイントになります。

代謝の条件3|平均競走得点の3期平均が下位3名

 1期目2期目3期目3期平均
選手A45.0点45.0点45.0点45.0点
選手B45.0点45.0点46.0点45.3点
選手C45.0点46.0点46.0点45.7点
選手D46.0点46.0点46.0点46.0点
選手E46.0点46.0点48.0点46.7点

ガールズケイリンの代謝の条件3は、平均競走得点の3期平均が下位3名に入ることです。

上の表で、3期目の終了後に代謝になるのは選手A~選手Cの3名ですね。

選手Dと選手Eは平均競走得点が選手A~選手Cよりも高いため、代謝の対象になりません。

このように、競輪の代謝は、他の選手との競走得点の比較で決まります。

競走得点が〇点以下なら代謝という決まりはなく、ボーダーは期ごとに違っていますね。

男子競輪では、同じ流れで成績下位30名が代謝になるぜ!
ボーダーは期ごとに違うので、この記事で確認してみてください。

 

競輪の代謝|2023年前期のボーダーとランキング

レッドカード

競輪の代謝の2023年前期のボーダーは、男子が68.1点付近、女子が45.8点付近になりそうです。

2023年5~6月は、この競走得点付近の選手は勝負駆けになるので注意しましょう。

また、代謝候補の競走得点ランキングは、競輪明るくない…という個人ブログが参考になります。

個人ブログなので100%信頼できるわけではありませんが、データ量は凄いです。

1週間に3~4回の頻度で更新されているので、期末は細かくチェックするのがおすすめですね。

ここからは、2023年5月時点の代謝候補を紹介していきます。

ガールズケイリンの代謝候補ランキング

ガールズケイリンの代謝候補

出典:KEIRIN.JP

ガールズケイリンの2023年前期の代謝候補ランキングは、2023年5月22日時点では下記の通りです。

2023年前期は、このなかで競走得点の下位3名が代謝になる可能性が高いです。

競走得点が低い選手は、普段よりも攻めた走りをする可能性があるので覚えておきましょう。

また、高木選手、岩田選手、宮本選手は2021年5月にデビューした新人選手です。

デビューから約2年しか経っていないので、5~6月に頑張って、今後も選手を続けてほしいですね。

ガールズケイリンの代謝のボーダーは45.8点付近になりそうだな!

男子競輪の代謝候補ランキング

男子競輪の代謝候補

出典:KEIRIN.JP

男子競輪の2023年前期の代謝候補ランキングは、2023年5月22日時点では下記の通りです。

2023年前期は、このなかで競走得点の下位30名が代謝になる可能性が高いです。

競走得点が低い選手は、普段よりも攻めた走りをする可能性があるので覚えておきましょう。

また、男子競輪には、ガールズケイリンと違ってストレート代謝はなさそうです。

代謝になりそうなベテラン選手は、地元の競輪場で普段以上の実力を発揮することもあります。

男子競輪の代謝のボーダーは68.1点付近になりそうですね。

 

競輪の代謝を予想に活かすには?

赤ペン

競輪の代謝を予想に活かすには、期の序盤や中盤では代謝候補の選手の3着を買ってみましょう。

これは、期末まで余裕があるので、代謝候補の選手が3~5着を狙うからですね。

一方、期の終盤では、代謝候補の選手は無理にでも1~3着を狙うようになると考えられます。

そのため、期の終盤では代謝候補の選手の2~3着を買うのがおすすめです。

また、同郷の選手が代謝候補の選手を助けることもあるので、ラインの府県にも注意しましょう。

代謝を予想に活かすコツ

  • 期の序盤と中盤は3着を買う
  • 期の終盤は2~3着を買う
  • 同郷の選手の手助けを考える
代謝を予想に活かして、プラス収支を目指しましょう。

期の序盤と中盤は3着を買う

期の序盤の着順

出典:KEIRIN.JP

代謝を予想に活かすコツの1つ目は、期の序盤と中盤は代謝候補の選手の3着を買うことです。

これは、期末まで余裕があるので、代謝候補の選手が3~5着を狙うからですね。

無理に1~3着を狙って大敗するよりも、堅実に走って競走得点を稼ごうと考えるわけです。

例えば、ガールズケイリンの予選では、5着でも競走得点を50点もらえます。

ボーダーは47点付近になることが多いので、5着をとり続ければ代謝にならなくて済みますね。

このコツは、前期なら1~4月、後期なら7~10月に使えるぜ!
代謝についてのヤフーニュースのインタビューも紹介しますね。

積極的に仕掛ける先行タイプというイメージが強い加藤恵だが、近況の予選では意図的に自力を封印して、マーク戦を心掛けている。これは代謝対象となる47点未満を回避するための策だという。

「いま(今期得点が)46点台なんです。何が起こるかわからないし、まずは47点以上を持っておかないとって。自力や先行だと大敗のリスクがあるので今はなるべく控えて、点数が上がるように一つでも良い着を取れる走りをしています。(点数に余裕が出てきたら)その時はまた思い切ったレースをしますので。調子も上がってきたし、今回で47点より上にいっておきたいですね」

出典:ヤフーニュース

期の終盤は2~3着を買う

期の終盤の着順

出典:KEIRIN.JP

代謝を予想に活かすコツの2つ目は、期の終盤は代謝候補の選手の2~3着を買うことです。

これは、期の終盤では、3~5着を狙っていても期末に間に合わないからですね。

代謝候補の選手は1~3着を狙って走りますが、実力を考えると2~3着を買うのが無難でしょう。

例えば、ガールズケイリンの予選では、1着なら競走得点を58点もらえます。

これなら平均競走得点を一気に上げられるので、上手くいけば代謝にならずに済みますね。

このコツは、前期なら5~6月、後期なら11~12月に使えるぜ!

同郷の選手の手助けを考える

同じ府県の選手

出典:KEIRIN.JP

代謝を予想に活かすコツの3つ目は、同郷の選手の手助けを考えて買い目を決めることです。

これは、同郷の選手が代謝候補の選手を助けることもあるからですね。

例えば、代謝候補の選手が番手なら、先行選手が少し無理して先行するかもしれません。

ラインが同郷かどうかは、出走表で選手の府県を確認すればわかります。

同じ府県の選手同士がラインを組んでいるときは、代謝候補の選手を狙うのもありでしょう。

同じ府県や師弟関係だと、ラインの結束が固くなりますね。

 

競輪の代謝|2022年度に代謝になった選手一覧

チェックポイント

競輪の代謝について、2022年度に代謝になった選手一覧を公共財団法人JKAからまとめました。

ただし、JKAで公開されているのは登録消除者一覧で、代謝選手一覧ではありません。

下記の一覧には、代謝以外の理由で登録消除された選手も含まれているので、ご了承ください。

ちなみに、代謝になった選手は、1月と7月に登録消除されることが多いです。

どの選手が代謝になったのかを考えるときは、登録消除された日付を参考にしてみてください。

氏名府県級班登録消除年月日
渡辺大剛京都A32022年4月12日
酒井耕介京都A12022年4月22日
萩原操三重A12022年5月16日
高木真備東京L12022年5月16日
出水菜央大阪L12022年6月8日
武藤嘉伸埼玉A32022年6月17日
山中孝一埼玉A32022年6月17日
和田誠吾広島A32022年6月22日
渋江洋平栃木A32022年7月7日
永井亮北海道A32022年7月7日
小塚慎二北海道A32022年7月7日
岩田幸久埼玉A32022年7月7日
佐久間重光三重A12022年7月7日
山本貴喜大阪A32022年7月7日
岡野順一岡山A32022年7月7日
原敬次佐賀A32022年7月7日
鈴木達也茨城A32022年7月12日
栗田弘一群馬A32022年7月12日
浅野徹千葉A32022年7月12日
吉田輪太郎神奈川A32022年7月12日
古屋孝一愛知A32022年7月12日
浅井雄三岐阜A32022年7月12日
吉田将成岐阜A32022年7月12日
飯塚朋子奈良L12022年7月12日
重富公輔佐賀A32022年7月12日
小坂勇栃木A32022年7月14日
瀧口和宏東京A32022年7月14日
石渡英樹千葉A32022年7月14日
後藤純平福井A32022年7月14日
和田信一滋賀A32022年7月14日
大森績愛媛A32022年7月14日
吉田稔大分A32022年7月14日
野口のぞみ長崎L12022年7月14日
吉田尚作大阪A32022年7月21日
田中麻衣美新潟L12022年7月21日
井上達雄東京A32022年7月26日
成田恭一福島A32022年8月1日
田島浩二三重A22022年8月8日
小坂元雄斗神奈川A32022年8月18日
吉元大生静岡A32022年8月19日
大久保聡鹿児島A22022年8月23日
村上義弘京都S12022年10月11日
木村讓神奈川A32022年10月14日
三宅伸岡山A12022年10月24日
岡崎泰郎神奈川A32022年10月28日
吉田周司香川A22022年11月8日
岡崎哲昌岡山A32022年11月24日
竹内公亮岐阜A12022年11月28日
岡田裕康滋賀A32022年12月14日
内村哲也山口A32022年12月22日
栗田雅也静岡A32023年1月12日
一丸安貴愛知A32023年1月12日
鈴木祥高埼玉A32023年1月12日
宮路智裕熊本A32023年1月12日
大崎世志人高知A32023年1月12日
植木貴志栃木A32023年1月12日
海地成仁高知A32023年1月12日
相馬竹伸青森A32023年1月12日
伊藤貴史高知A32023年1月12日
長正路樹東京A32023年1月19日
中山匡男佐賀A32023年1月19日
石井雅典千葉A32023年1月19日
佐藤隆二北海道A32023年1月19日
太田黒真也愛知A32023年1月19日
工正信広島A32023年1月19日
松山勝久福井A32023年1月19日
市倉孝良東京A32023年1月19日
堀井美咲広島L12023年1月19日
奥平充男京都A32023年1月20日
古川喬宮城A32023年1月20日
堀田萌那北海道L12023年1月20日
南雲孝之東京A32023年1月20日
物部国治東京A32023年1月20日
長尾博幸滋賀A32023年1月20日
柊元則彦福岡A32023年1月20日
野井正紀神奈川A32023年1月27日
本田博宮崎A32023年1月27日
濱野咲東京L12023年1月31日
中武克雄大阪A32023年2月7日
近藤悠人鹿児島A32023年2月7日
石井秀治千葉A32023年2月9日

敬称略
参考:公共財団法人JKA

1月と7月に登録消除された選手は、代謝の可能性が高いぜ!
2022年度は、81名の選手が登録消除されましたね。

 

競輪の代謝|よくある質問

疑問

ここからは、競輪の代謝についてのよくある質問に回答していきます。

競輪の代謝の2022年前期は?

競輪の代謝の2022年前期は、男子は67.60点、女子は45.73点がボーダーでした。

このとき「田中麻衣美」選手や「山本貴喜」選手が引退しましたね。

競輪の代謝の2022年後期は?

競輪の代謝の2022年後期は、男子は67.50点、女子は45.02点がボーダーでした。

このとき「濱野咲」選手や「石井秀治」選手が引退しましたね。

競輪のストレート代謝とは?

競輪のストレート代謝とは、デビューから1年半で代謝になり、引退してしまうことです。

男子競輪では珍しいですが、ガールズケイリンでは時々起こっていますね。

競輪の代謝のブログは?

競輪の代謝についてのブログと言えば、競輪明るくない…が有名です。

個人ブログとは思えないデータ量なので、ぜひ一度はチェックしてみてください。

競輪の代謝の5ちゃんは?

競輪の代謝について、5ちゃんねるの競輪(仮)掲示板にスレッドがありました。

ガールズケイリンの代謝について語られているので、よかったらチェックしてみてください。

競輪の代謝について、細かい部分までわかったぜ!
最後に、この記事の内容をおさらいしましょう。

 

競輪の代謝|まとめ

おすすめ

競輪の代謝についてまとめると、下記5点がポイントです。

  • 代謝は選手を強制引退させる制度
  • 代謝は毎年6月末と12月末に行われる
  • 代謝の人数は男子30名、女子3名
  • 代謝の条件は競走得点の3期平均が重要
  • 代謝になった選手は復帰できない

2023年前期の代謝では、競走得点のボーダーは男子が68.1点、女子が45.8点付近になりそうです。

期の終盤では、ボーダー付近の選手を2~3着で買うと高配当ゲットのチャンスですね。

また、同郷の選手が代謝候補の選手を助けることもあるので、ラインの府県にも注意しましょう。

一方、7月になって後期になったら、代謝候補の選手は3着で考えるのがおすすめです。

最新の競走得点のボーダーについて、競輪明るくない…を確認して、予想に活かしてみてください。

2023年6月は、2023年前期の代謝を賭けた勝負駆けだな!
最新の情報は、競輪明るくない…を参考にしてみてください。

 

おすすめの関連記事

-初めての競輪