郡司浩平

競輪の「郡司浩平」選手が地元の全日本選抜競輪を優勝!番手捲りに注目!

「郡司浩平ってどんな選手?」

「郡司選手を買うコツが知りたい!」

「郡司選手のレース動画を見たい!」

という方に向けて、この記事では競輪の「郡司浩平」選手についてまとめました。

「郡司浩平」選手は、神奈川県のS級S班の選手です。

2021年の全日本選抜競輪に優勝し、KEIRINグランプリへの3年連続出場を決めました。

今後のG1レースでも活躍が期待できるので、ぜひ名前を覚えていってください。

郡司選手は、2021年のKEIRINグランプリに一番乗りした選手だな!
二段駆けが得意なので、番手にいるときは要注意ですね。

 

「郡司浩平」選手の特徴は?

意味

「郡司浩平」選手の基本データ

  • 氏名:郡司浩平
  • フリガナ:グンジコウヘイ
  • 府県:神奈川県(南関東地区)
  • 生年月日:1990年9月4日
  • 年齢:30歳
  • 登録番号:014741
  • 期別:99期
  • 級班:S級S班
  • 脚質:逃
  • 得意な決まり手:捲り
  • 練習仲間:「石井毅」選手・「山田慎一郎」選手・「小島歩」選手

年齢・級班は2021年3月11日時点

「郡司浩平」選手について、選手の基本データをまとめました。

このうち、予想に重要なのは「府県」「級班」「脚質・決まり手」「練習仲間」の4つです。

4つのデータについて、予想に活かす方法を解説していきます。

まずは「郡司選手がどんな選手なのか?」をチェックしてみましょう。

府県は南関東地区の「神奈川県」

「郡司浩平」選手は、南関東地区の「神奈川県」の選手です。

そのため、同県の「神奈川」や同地区の「千葉・静岡」の選手とラインを組むことが多いですね。

上記3つの都道府県の選手とラインを組んでいるときは、連携しやすく活躍が期待できます。

例えば、2021年の全日本選抜競輪では、静岡県の「深谷知広」選手とラインを組みました。

ラインを組んだ3レースのうち、2レースで1着をとっているので、連携しやすい相手なのでしょう。

深谷選手は、2021年から静岡県に移籍した選手だな!

級班は「S級S班」

「郡司浩平」選手の級班は「S級S班」です。

S級S班は最も高い級班で、所属できるのは前年のKEIRINグランプリに出場した9名だけとなっています。

郡司選手は、2020年の競輪祭に優勝したことで、KEIRINグランプリへの出場資格を得ていますね。

S級選手のなかでも特に強い選手なので、積極的に車券に絡めていきましょう。

郡司選手は、2022年もS級S班が確定していますね。

脚質は「逃」・得意な決まり手は「捲り」

「郡司浩平」選手の脚質は「逃」・得意な決まり手は「捲り」です。

残り半周くらいから仕掛けて、一気に捲っていく戦略が得意なようですね。

特に、番手捲りの成績が良く、直近5開催では5レースのうち4レースで1着をとっています。

一方、捲りを仕掛けるタイミングが早いと、最後まで体力が持たないこともあります。

逃げラインの先行選手が強い場合は、郡司選手の負けを考えても良さそうですね。

郡司選手は、ラストスパートの追い上げが凄いぜ!

練習仲間は「石井毅」選手・「山田慎一郎」選手・「小島歩」選手

「郡司浩平」選手の練習仲間は「石井毅」選手・「山田慎一郎」選手・「小島歩」選手です。

競輪の一般的なセオリーでは、練習仲間とは連携しやすいと言われています。

しかし、郡司選手の場合、直近5開催ではこの3名とラインを組んだレースはありません。

連携しやすいということもなさそうなので、あまり気にしなくても大丈夫でしょう。

直近5開催では「和田健太郎」選手との連携が多かったですね。

 

「郡司浩平」選手のデータを分析!

鉛筆

「郡司浩平」選手の傾向

  • 番手捲りの1・2着が多い
  • 同ラインの選手に差されにくい
  • 1・2着をとれないときは着外が多い

「郡司浩平」選手の過去のレースを分析した結果、上記3つの傾向がありました。

レースについては、直近5開催(全23レース)をチェックしています。

この3つの傾向を押さえて、郡司選手の車券を買うかどうかの判断をしてみてください。

ここからは、車券を買うときのコツを解説していきます。

番手捲りの1・2着が多い

「郡司浩平」選手は、番手捲りの1・2着が多い傾向があります。

番手捲りとは、番手の位置から捲りを狙う戦略のことで「二段駆け」と呼ばれることもありますね。

「二段駆けは頭鉄板」という格言があるくらい、番手捲りは勝ちやすい戦略です。

実際に、郡司選手は直近5開催で番手捲りを5回して、1着を4回、2着を1回とっています。

郡司選手が番手回りになることは少ないですが、見かけたときは1・2着で狙っていきましょう。

番手で体力を温存して、ラストスパートをかけるわけだな!

同ラインの選手に差されにくい

「郡司浩平」選手は、同ラインの選手に差されにくい傾向があります。

これは、郡司選手が2着のときに、同ラインの選手が1着をとりにくいという意味です。

実際に、郡司選手は直近5開催で2着を5回とっていますが、番手選手に差されたのは1回だけでした。

そのため、郡司選手の車券を買うときは、裏の買い目を買わないほうが良さそうです。

「〇〇-郡司」は買わず、「郡司-〇〇」だけを買えばいいわけですね。

1・2着をとれないときは着外が多い

「郡司浩平」選手は、1・2着をとれないときは着外が多い傾向があります。

実際に、直近5開催では「1着が10回・2着が5回・3着が0回・着外が6回」となっていました。

3着をとった回数が0回なのは、意外な結果ですね。

そのため、車券を買うときは「1・2着で買う」か「買わない」のどちらかにしましょう。

郡司選手は、3着で狙っても当たりにくいぜ!

 

「郡司浩平」選手の走りを動画でチェック!

ビール

「郡司浩平」選手の名勝負

  • 競輪祭(2020年)の決勝
  • KEIRINグランプリ(2020年)
  • 全日本選抜競輪(2021年)の決勝

「郡司浩平」選手の名勝負として、上記3つのレースを紹介します。

これ以外にも良い勝負はたくさんありますが、特に大きなレースをピックアップしました。

実際のレースを観戦することで、郡司選手の強さを実感してみてください。

競輪祭(2020年)の決勝

出典:KEIRIN.JP

このレースでは「松井宏佑-郡司浩平-和田健太郎」のラインになっています。

郡司選手は2コーナー終わりに番手から発進し、見事に1着をとることができました。

松井選手とは4日目のレースでもラインを組んでおり、同じように番手捲りで1着をとっています。

この2名は同じ神奈川県の選手なので、連携しやすいのでしょう。

今後も「松井-郡司」のラインができたときは、郡司選手の1着を狙うのが良さそうです。

郡司選手は、番手捲りが得意な選手だったな!

KEIRINグランプリ(2020年)

出典:KEIRIN.JP

このレースでは「郡司浩平-和田健太郎」のラインになっています。

郡司選手は1コーナー終わりから勝負を仕掛けましたが、清水選手にブロックされてしまいました。

仕掛けが早く、ブロックもされたため、郡司選手はこのレースでは9着でした。

KEIRINグランプリは強い先行選手が多いので、レース展開が早くなります。

そのため、郡司選手は自分のレースが出来ずに、負けてしまったという印象を受けましたね。

このレースでは、番手の和田選手が1着をとっています。

全日本選抜競輪(2021年)の決勝

出典:KEIRIN.JP

このレースでは「深谷知広-郡司浩平-和田健太郎」のラインになっています。

郡司選手は残り半周のところで番手から発進し、そのまま余裕で1着をとりましたね。

2020年の競輪祭に引き続き、2度目の番手捲りでのG1優勝です。

深谷選手は2021年から南関東地区に移籍したので、今後もこの連携はあるかもしれません。

今後のレースでも、郡司選手が番手回りのときは積極的に車券に絡めていきましょう。

郡司選手は、この優勝で2021年のKEIRINグランプリへの出場を決めたぜ!

 

「郡司浩平」選手のニュースやコラム

会社

「郡司浩平」選手のニュースやコラムをまとめました。

子供時代は野球で活躍

郡司選手は、全日本リトルリーグ野球選手権大会での優勝経験があるようです。

さらに、高校時代も、横浜市立横浜商業高校の野球部に所属していました。

ただし、残念ながら、当時は甲子園に出場することはできなかったそうです。

とはいえ、持ち前の勝負強さは、野球を通じて身に付けたものかもしれませんね。

競輪も野球も、チームワークが大切なところは同じだな!

父親は元競輪選手の「郡司守夫」さん

郡司選手の師匠は、父親であり元競輪選手の「郡司守夫」さんです。

「郡司守夫」さんは、G1レースでも1着をとったことがあるくらい強い選手でした。

普段は温厚な性格らしいのですが、郡司選手に「競輪選手になりたい」と伝えられたところ、態度が一変したというエピソードもあります。

優しくも厳しい父親に鍛えられたからこそ、現在の郡司選手があるのでしょう。

守夫さんは、現在は川崎競輪場の開催指導員を務めているみたいですね。

 

「郡司浩平」選手まとめ

おすすめ

「郡司浩平」選手についてまとめると、

  • 府県は南関東地区の「神奈川県」の選手
  • 脚質は「逃」、得意な決まり手は「捲り」
  • 番手捲りの1・2着が多い
  • 同ラインの選手に差されにくい
  • 1・2着をとれないときは着外が多い

の5つがポイントです。

郡司選手は、2021年のKEIRINグランプリへの出場を一番に決めました。

G1レースで優勝できるのは、調子が良い証拠と言えるでしょう。

予想するときは、この記事の内容を思い出して、買い目に入れるかどうかを検討してみてください。

郡司選手は、捲りが得意な一流選手だな!
車券は「1・2着で狙う」か「買わない」のどちらかにするのがポイントです。

 

合わせて読みたい記事

-GP・G1

© 2021 競輪予想サイトなら競輪兄弟!