競輪でイン待ち(いんまち)とは?【競輪用語の意味をカンタン解説】

競輪で「イン待ち(いんまち)」とは、他のラインの先行選手を打鐘前まで1番先頭で走り待ち、自分がその先行選手の後ろに単独でつく戦法です。

イン待ちした後にうまく他の先行選手のすぐ後ろにつけたら、レース終盤まで好位置で体力を温存し、ラストスパートで差して1着を狙えます。

ただし、目標としている先行選手の後ろにはそのラインの番手選手がいることがほとんどなので、イン待ちしてもすんなり好位置につくことは難しく、その番手選手と好位置を競ってイン粘りする展開になることが多いですね。

競輪は強い先行選手の後ろで終盤戦まで好位置を保つことが重要です。

そのため、このような好位置は選手同士で奪い合うことになるんですね。

 

合わせて読みたい記事

-競輪の用語

© 2020 競輪予想サイトなら競輪兄弟!