イン粘りとは

競輪でイン粘り(いんねばり)とは?【競輪用語の意味をカンタン解説】

イン粘りとは、他のラインの先行選手を打鐘前まで1番先頭で走り待ってから、その先行選手のすぐ後ろを同じラインの番手選手に対してイン側から取る戦法のことです。

イン粘りがうまく決まれば、他のラインの先行選手のすぐ後ろについて、レース終盤まで好位置で体力を温存することができます。

そのため、イン粘りに成功した選手は、最後のラストスパートで先行選手を抜いて1着をとれる可能性が高くなります。

観戦していてイン粘りが分かるようになれば、打鐘〜ラスト1周までの間(ラストスパートよりも手前)から選手同士の熱戦を楽しむことができるよ。

 

合わせて読みたい記事

-競輪の用語

© 2020 競輪予想サイトなら競輪兄弟!