競輪でイン詰まり(いんづまり)とは?【競輪用語の意味をカンタン解説】

競輪で「イン詰まり(いんづまり)」とは、ある選手にとって、前方も横も他の選手にふさがれてしまうことです。

イン詰まりになってしまうと、身動きができなくて、前方の選手や横の選手が動いてくれるまでその選手も動くことができません。

よくあるのは、横の選手がラストスパートをかけてイン詰まりが解消した時には時すでに遅し(=自由に動けるようになってからラストスパートをかけても上位にはなれない)というパターンですね。

強い選手に対しては他の選手が協力して抑えてくるので、しっかりレースを見てみるとイン詰まりにも気が付けると思いますよ。

 

合わせて読みたい記事

-競輪の用語

© 2020 競輪予想サイトなら競輪兄弟!