競輪のスジ違いとは

競輪のスジ違いとは?【出走表を見ながら買い目を解説!】

「競輪のスジ違いってなに?」

「スジ違いになりやすいレースは?」

「実際にどんな車券を買ったらいいの?」

という方に向けて、この記事では競輪のスジ違いについてまとめました。

スジ違いとは、レースの決着の仕方を表した用語で、「違うラインの選手が1着、2着をとること」を指します。

一緒にスジ違いについて勉強して、レースの予想に役立てていきましょう。

スジとかスジ違いってよく聞くけど、いったいどう違うんだ?
まずは、スジ違いの意味から解説していくよ。

 

競輪のスジ違いとは?

意味

競輪のスジ違いとは、レースの決着の仕方を表した用語で、「違うラインの選手が1着、2着をとること」を指します。

逆に、「同じラインの選手が1着、2着をとること」は、競輪用語で「スジ」と呼ばれています。

例えば、ラインが「123/456/789」の三分戦があったとしましょう(「123」は、1番車が先行、2番車が番手、3番車が三番手のライン)。

このとき、「1-4」(1着が1番車、2着が4番車)などの決着がスジ違いで、「1-2」(1着が1番車、2着が2番車)などの決着がスジということになります。

1着と2着が違うラインの選手なら「スジ違い」で、同じラインなら「スジ」というわけですね。

次は、スジ違いになりやすいレースの特徴を解説していきます。

 

スジ違いになりやすいレースの特徴

検証

スジ違いになりやすいレースの特徴は、

  1. 四分戦や細切れ戦
  2. 有力なラインが2つ
  3. ライン内の選手の実力差が大きい

の3つです。

まず、四分戦や細切れ戦では、三分戦に比べてラインの数が増えるため、スジ違いになる組み合わせが増えます。

また、3名ラインが減り、2名ラインが増えるため、ライン同士の戦いが激しくなります。

結果として、レースが混戦になり、ラインに関係なく1着や2着が決まりやすくなるのです。

四分戦や細切れ戦は、着順の入れ替えが起こりやすいってことだな!

次に、有力なラインが2つのときは、その2つのラインから1着と2着が出て、スジ違いになりやすくなります。

2つのラインがゴール直前で戦って、ごちゃごちゃした混戦になるイメージですね。

逆に、有力なラインが1つだけのときは、そのラインでスジ決着になることが多くなります。

また、有力なラインが3つのときは、2つのラインが戦っている隙を突いて、残ったラインの選手が1着と2着をとりやすくなります。

スジ違いになるためには、有力な2つのライン以外は弱いラインでないとダメなんですね。

2つのラインが戦って、1着と2着をとり合うイメージですね。

最後に、ライン内の選手の実力差が大きいと、ラインがちぎれやすくなります。

例えば、先行選手が番手選手よりも圧倒的に強いときは、先行選手がレースの途中で番手選手を置き去りにしてしまいます。

そして、その先行選手が他のラインに混ざって1着(または2着)をとり、スジ違いになるのです。

ライン内の選手の競走得点や勝率などを見比べて、ラインがちぎれるかどうかを予想しましょう。

圧倒的に強い選手がいるときは、ラインに関係なく車券に絡んでくるんだな!

 

スジ違いで出やすい3つのパターン

電卓

スジ違いには、着順の組み合わせによっていくつかのパターンがあります。

例えば、ラインが「123/456/789」の三分戦があったとしましょう。

このとき、「1-4」のように「先行-先行」のスジ違いもあれば、「1-5」のように「先行-番手」のスジ違いもあるわけです。

他にも、「3-6」のように「三番手-三番手」のスジ違いもありますね。

ラインの何番目の選手が何着をとるかで、何パターンかに分かれるってことだな。

そして、いくつかのパターンのなかでも、特に出やすいのが、

  1. 先行-先行
  2. 先行-番手
  3. 番手-先行

の3つのパターンです。

スジ違いの車券には、先行選手が絡みやすいということですね。

そのため、スジ違いの車券を買うときは、この3つのパターンを基本にして買うのがおすすめです。

ラインの1番目の選手に注目するってことだね。

逆に、三番手選手が絡むスジ違いはほとんど出ません。

三番手選手は、ラインの後方なので追い上げが難しいうえに、実力下位の選手であることが多いからです。

そのため、三番手選手が絡むスジ違いは、「このレースはかなり荒れそうだな!」と思ったときだけ買うようにしましょう。

ラインの3番目の選手は、1着や2着をとるのが難しいんだな。

 

実際にスジ違いで決着したレースを解説!

小田原第6Rの出走表

出典:KEIRIN.JP

実際にスジ違いで決着したレースを見てみましょう。

上のイラストは、2020年4月1日の小田原第6Rの出走表です。

まず、このレースはラインが「387/41/92/65」の四分戦となっていたので、スジ違いが出やすいレースの特徴1を満たしています。

四分戦は、混戦になりやすいんだったな!

次に、先行選手と番手選手の競走得点を、ラインごとに表にまとめて比べてみます。

ライン 先行 番手
「387」ライン 100.70 92.68
「41」ライン 93.55 97.16
「92」ライン 107.18 105.16
「65」ライン 92.00 99.41

上の表から、「387」ラインは、先行選手の競走得点が、番手選手の競走得点よりも8.02も高いことがわかります。

さらに、勝率、2連対率、3連対率を見ても、3番車と8番車の間には実力差があることがわかりますね。

これは、スジ違いが出やすいレースの特徴3を満たしています。

おそらく、8番車は3番車に付いて行けず、「387」ラインはちぎれてしまうでしょう。

ライン内の選手の実力差が大きいときは、ラインがちぎれてスジ違いが出やすくなります。

最後に、ラインごとの競走得点を比べると、「92」ラインの1つだけが有力ラインに見えます。

有力ラインが1つだけのときはスジ決着になりやすいですが、オッズを見てみると「2-9」や「9-2」のオッズはかなり低くなっていました。

それならば、競走得点が3番目に高い3番車を買い目に入れて、スジ違い決着を狙ったほうが期待値は高くなりそうですね。

具体的には、「3-9」「9-3」「3-2」「2-3」などを狙うのが良さそうです。

買い目を決めるときは、当たりやすさと払戻金のバランスを考えることが大切だな!

はたして、レースの結果は……?

小田原第6Rの結果

出典:KEIRIN.JP

レース結果は「3-9」だったので、私の予想は的中です。

二車単「3-9」は6番人気のオッズ26.7倍でした。

これは、「先行-先行」のスジ違いのパターンですね。

予想した通り、レースの途中で「387」ラインはちぎれて、3番車が一人で独走する状況になりました。

このように、スジ違いになりそうなレースでは、スジ違いを狙うことで高いオッズを的中させることができます。

スジ違いになりそうなレースを見極めて、高配当を的中させましょう!

 

【競輪のスジ違い】まとめ

おすすめ

競輪のスジ違いについて、もう一度まとめると、

  • スジ違いとは、違うラインの選手が1着、2着をとること
  • スジ違いは、四分戦や細切れ戦で出やすい
  • スジ違いは、有力ラインが2つのときに出やすい
  • スジ違いは、ライン内の選手の実力差が大きいときに出やすい
  • 「先行-先行」「先行-番手」「番手-先行」のスジ違いが出やすい

の5つです。

スジ違いは、スジより予想が難しいですが、その分だけ高いオッズを狙うことができます。

レース展開を考えて、スジ違いを上手く狙うことが、競輪で稼ぐための近道ですね。

スジ違いについて、明日の予想からさっそく考えてみるぜ!
他にも競輪用語をまとめているので、良かったらチェックしてみてください。

 

合わせて読みたい記事

-競輪の用語

© 2020 競輪予想サイトなら競輪兄弟!