競輪の単勝

競輪にはなぜ単勝や複勝がないの?代わりの当たりやすい賭式はどれ?

「競輪にはなぜ単勝と複勝がないの?」

「単勝や複勝みたいな当たりやすい賭式はどれ?」

という方に向けて、この記事では競輪の単勝と複勝がない理由や、単勝や複勝の代わりとなる当たりやすい賭式についてまとめました。

競輪に単勝と複勝がないことは、競馬や競艇から競輪に興味を持った方が初めに「?」となることだと思います。

競輪初心者の方にも分かりやすいように説明していくので、ぜひ読んでみてください。

競輪場に初めて行ったときに、単勝がなくて焦ったぜ!
単勝は、初心者にとっては入口になる賭式だからね。

 

競輪の単勝と複勝はなぜないのか?

意味

競輪の単勝と複勝は、実は2002年~2003年頃までは販売されていました。

ただし、他の賭式と比べると売上が悪く、購入できる窓口も1~2個しかなかったそうです。

現在はマークシートと自動発券機で簡単に車券が買えますが、当時は係員さんが窓口で車券を販売していました。

売上が少ない単勝や複勝の窓口をたくさん用意するのは、施行者側にとって人件費がかかるだけでマイナスしかありません。

そして、窓口を減らす→売上が減る→窓口を減らす→……の悪循環が起こり、どんどん売上が減っていってしまいました。

当時は、競輪場に行ってもどこで単勝が買えるのか分からないくらいだったらしいです。

そんな状況で、三連単と三連複が導入されることになりました。

現在では最も売上が大きい三連単ですが、競輪の歴史的には新しい賭式だったんですね。

三連単と三連複を導入すると、賭式が9種類になってしまい、競輪ファンにとってはどの賭式で投票するのかを選ぶのが大変になります。

また、施行者にとっては賭式の種類が多ければ多いほど、車券の販売やオッズの計算などにコストがかかります。

そこで、三連単と三連複を導入する代わりに、単勝と複勝は廃止されてしまいました。

これで今の7種類の賭式になったんだな!

つまり、競輪の単勝と複勝がない理由は、

  • 売上が少なかったこと
  • 賭式の種類を減らしたかったこと

の2つというわけですね。

施行者の運営費がなくなってしまってはレースを開催することもできないので、単勝と複勝がなくなったのは仕方のないことだったのかもしれません。

しかし、一部の競輪ファンからは問題点も指摘されています。

次は、単勝と複勝がないことの問題点を説明します。

 

競輪の単勝と複勝がないことによる問題

メリットとデメリット

競輪では、レースの中盤までは選手同士が「ライン」というチームを組んでポジション取りを行って、レースの終盤で選手個人がラインに関係なく1着を獲るためにラストスパートをかけます。

レースの途中までチーム戦であることが、最初から最後まで個人戦となる競馬や競艇とは違う点ですね。

競輪のレース展開を予想をする上でラインを無視することはできないので、競輪に連勝式(2車以上を選ぶ賭式)しかないのは理にかなっているとも言えます。

チーム戦→個人戦となるのが、競輪の特徴です。

しかし、単勝と複勝がないことは、競輪を初めてやる方にとっては高いハードルになります。

「ラインとかよくわからないけど、この選手が強そうだし賭けてみよう」ということができないからです。

競馬や競艇から競輪に興味を持った方は、特に違和感を感じるかもしれません。

どんな競技でも、新規ファンが獲得できないと廃れていってしまいます。

単勝と複勝がなくなったことで、新たな競輪ファンを獲得しにくくなっていることは大きな問題です。

初心者にとって買いやすい単勝と複勝がなくなったのは、問題かもしれないな。
では、単勝と複勝は復活するのでしょうか?

 

競輪の単勝と複勝は復活する?

財布

競輪の単勝と複勝が復活するかどうかは、今のところ分かりません。

ただ、私個人としては、復活してほしいと思っています。

単勝と複勝があったほうが、競輪を新しく好きになってくれる方が増えてくれると思うからです。

私と同じように、競輪を好きな人が増えてくれると嬉しいですね。

ここで、単勝と複勝がなくなった理由を思い出すと、「売上が少なかったこと」「賭式の種類を減らしたかったこと」の2つでした。

つまり、売上の少ない賭式を2つ廃止して、単勝と複勝を復活させればいいわけです。

そして、現在販売されてる7種類の賭式のなかで売上が少ないのが「二枠単」と「二枠複」です。

賭式の内容としては、車番ごとに枠番を振って、枠番で着順も含めて1着、2着を的中させるのが「二枠単」、枠番で着順に関わらず1着、2着に入る2車を的中させるのが「二枠複」です。

例えば、9車立のレースの場合、

  • 1枠→1番車
  • 2枠→2番車
  • 3枠→3番車
  • 4枠→4番車、5番車
  • 5枠→6番車、7番車
  • 6枠→8番車、9番車

となります。

二枠単や二枠複は選手だけに注目して買うことができないので、ある意味では三連単や三連複よりも難しい賭式と言えます。

枠で予想するって、よくわからないよな。

どうせ売上が少ないのなら、二枠単と二枠複を廃止して、単勝と複勝を復活させてほしいというのが、私の考えです。

もちろん、施行者側には賭式変更にコストがかかるというデメリットはあります。

しかし、長い目で見ると、競輪ファンを増えるというメリットのほうが大きいのではないでしょうか。

最後に、単勝や複勝で賭けたい方におすすめの賭式を紹介します。

 

競輪で単勝や複勝の代わりになる当たりやすい賭式は?

競輪で単勝や複勝の代わりになる当たりやすい賭式は「ワイド」です。

ワイドの車券

ここで、競輪の7種類の賭式について、一覧表にまとめてみました。

賭式 的中確率 的中条件
三連単 1/504 車番で着順も含めて1着、2着、3着を的中させる
三連複 1/84 車番で着順に関わらず1着~3着に入る3車を的中させる
二車単 1/72 車番で着順も含めて1着、2着を的中させる
二車複 1/36 車番で着順に関わらず1着、2着に入る2車を的中させる
二枠単 1/33 枠番で着順も含めて1着、2着を的中させる
二枠複 1/18 枠番で着順に関わらず1着、2着に入る2車を的中させる
ワイド 3/36 車番で着順に関わらず1着~3着に入る2車を的中させる

※的中確率は9車立で計算

上の表から、ワイドが7種類の賭式のなかで最も当たりやすいことが分かります。

ワイドは、車番で着順に関わらず1着~3着に入る2車を的中させる賭式です。

競馬のワイド、競艇の拡連複と同じ意味の賭式ですね。

また、的中する組み合わせが3通りあるので、的中確率は「3/36=1/12」となります。

競馬では、18頭立ての単勝の的中確率が1/18なので、それよりは的中させやすいです。

ワイドは具体的にはどうやって買えばいいんだ?

単勝や複勝のようにワイドを買いたいときは、

  1. 好きな選手、強そうな選手を1人選ぶ
  2. 同じラインの先行選手か番手選手を選ぶ

という買い方をしてみましょう。

ラインは、レース前に競輪場のモニターで確認することができます。

競輪のライン

上の写真では、1番車と6番車、3番車と7番車と4番車、8番車と5番車、9番車と2番車の4つのラインができています。

そして、先行選手はラインの一番前の選手、番手選手はラインの前から二番目の選手です。

競輪では、同じラインから1着、2着が出やすいので、あなたが選んだ選手と同じラインの選手を選ぶことで、的中率を上げることができます。

ワイドについてもっと詳しく知りたい方は、関連記事をチェックしてみてね。
競輪のワイド
【競輪のワイドで稼ぐには?】意味・確率・ボックス点数と必勝法を解説!

ワイドについて「意味」「確率」「ボックス点数」などの基本情報と「おすすめの買い目点数」「1点当たりの購入金額」などの稼ぐためのコツやポイントをまとめました。

続きを見る

 

競輪の単勝と複勝のおさらい

競輪の単勝と複勝について、もう一度まとめると、

  • 売上が低かったため2002年~2003年頃に廃止
  • 代わりの当たりやすい賭式はワイド
  • ワイドは同じラインから2名の選手を選ぶと当たりやすい

の3つが重要です。

競輪には、単勝と複勝はありませんが、ワイドを使えば初心者でも楽しむことができます。

競馬や競艇にはない面白さがあるので、ぜひ一度、競輪場に行ってみてください。

ワイドを使った具体的な予想方法を知りたいぜ!
初心者におすすめの関連記事を紹介するので、良かったらチェックしてみてください。

 

合わせて読みたい記事

-初めての競輪

© 2020 競輪予想サイトなら競輪兄弟!