競輪の468(ヨーロッパ)

競輪の468(ヨーロッパ)は買うべき?【高配当の理由や当たる確率も解説!】

「競輪の468ってなに?」

「468はどのくらいの確率で出る?」

「468車券を買ったら稼げる?」

という方に向けて、この記事では競輪の468(ヨーロッパ)についてまとめました。

468(ヨーロッパ)とは、9車立のレースの4番車、6番車、8番車のことです。

4番車、6番車、8番車をまとめて、468(ヨーロッパ)って呼ぶんだな!

競輪では、競走得点の低い選手を4番車、6番車、8番車にすることが多いため、468を含めた買い目は高いオッズが付きやすくなります。

しかし、競走得点が低いということは、車券に絡む確率も低いということです。

この記事では、468が1着、2着、3着をとる確率を計算して、おすすめの買い方を解説していきます。

ぜひ最後まで読んで、競輪勝ち組を目指しましょう。

468について勉強して、的中率アップにつなげましょう!

 

競輪の468(ヨーロッパ)とは?

意味

競輪の468(ヨーロッパ)とは、9車立のレースの4番車、6番車、8番車のことです。

これは、9車立のレース特有の言い方で、7車立のレースには使いません。

また、一般的に、468車券というと「4番車、6番車、8番車のどれかが3着以内に入る車券」を指します。

例えば、三連単「4-1-2」や三連単「1-4-2」などは468車券です。

「4番車、6番車、8番車が1着~3着を独占した車券」という意味ではないので覚えておいてください。

468のどれか1つでも3着以内に入れば「468車券」なんだな!
次は「468車券はどうして高配当になるのか?」を解説します。

 

競輪の468(ヨーロッパ)が高配当になる理由は?

競輪の468の競走得点

出典:KEIRIN.JP

競輪では、車番を決めるときに、競走得点の低い選手が4番車、6番車、8番車になるように決めます。

「競走得点の低い選手=実力下位の選手」というイメージがあるので、468車券は不人気になりやすく、高配当になりやすいわけですね。

また、競走得点の低い選手を4番車、6番車、8番車にしているのは、二枠単や二枠複の車券があるからです。

二枠単とは・・・1着、2着の枠番を着順も含めて的中させる車券。

二枠複とは・・・1着、2着の枠番を着順に関わらず的中させる車券。

枠番は車番ごとに付けられた番号で、振り分けは下の表のようになっています。

枠番 車番
1枠 1番車
2枠 2番車
3枠 3番車
4枠 4番車、5番車
5枠 6番車、7番車
6枠 8番車、9番車

このように、1枠~3枠には1つの車番が、4枠~6枠には2つの車番が振り分けられます。

そのため、選手の実力が同じなら、4枠~6枠は1枠~3枠よりも当たりやすくなりますね。

しかし、明らかに当たりやすい枠番があるのは、ギャンブルとして面白くありません。

そこで、4番車、6番車、8番車に競走得点の低い選手を入れることで、1枠~6枠の当たりやすさが同じになるように調整しているわけです。

468が競走得点の低い選手になるから、高配当が出やすくなるんだな!
次は、468車券が出る確率について解説していきます。

 

競輪の468(ヨーロッパ)はどのくらいの確率で出る?

電卓

競輪の468車券は、競走得点の低い選手を狙っているため、当たる確率が低くなります。

では、468は他の車番と比べて、実際にどのくらい出にくいのでしょうか?

気になって調べてみたのですが、競輪の公式サイトでは「車番別の1着率、2着率、3着率」のデータを見つけることができませんでした。

そこで、今回は高松競輪場の過去データを使って「車番別の1着率、2着率、3着率」を計算しました。

車番 1着率 2着率 3着率
1番車 22.5% 17.8% 12.8%
2番車 16.1% 15.2% 13.9%
3番車 14.7% 13.0% 11.9%
4番車 4.6% 6.4% 8.9%
5番車 13.2% 14.7% 14.4%
6番車 2.0% 3.5% 5.4%
7番車 12.5% 12.8% 12.8%
8番車 3.7% 5.1% 7.5%
9番車 10.7% 11.5% 12.2%

参考レース数:4112レース
参考データ:高松競輪場の過去データ

上の表から、

  • 468の1着率は他の車番と比べて1/5くらい
  • 468の2着率は他の車番と比べて1/3くらい
  • 468の3着率は他の車番と比べて1/2くらい

ということがわかります。

今回は高松競輪場のデータで検証しましたが、他の競輪場でも同じような傾向になると考えられます。

468は「1着、2着、3着が全て同じように出にくい」というわけではなく、「1着はほとんど出ないけど、3着はわりと出る」というイメージなんですね。

このイメージを覚えておいて、買い目を決めるときの参考にしてみてください。

468でも、意外と3着をとることが多いんだな!
次は、いよいよ「468は買うべきかどうか?」について答えます。

 

競輪の468(ヨーロッパ)は買うべき?

財布

私は「468だからと言って、何も考えずに車券から外すのは危険」だと考えています。

特に、468の3着率は他の車番と比べて大きく変わりません。

そのため、「468はどうせ4着以下だろう」と考えていると、痛い目を見ることがあります。

競走得点、決まり手、勝率・2連対率・3連対率などを見たときに「468だけど3着ならありえるかも?」と思ったら、3着は総流しで買うのがおすすめです。

買い目点数は増えますが、468が3着に入ったときに高配当を手に入れることができます。

468でもレース展開によっては3着に入ってくるんだな。

逆に、468の1着率は他の車番と比べてかなり低くなっています。

そのため、468の1着は基本的には考えなくても大丈夫です。

ただし、S級レース、A級初日特選、決勝戦などでは、468の1着も考えたほうがいいことがあります。

これらのレースは選手のレベルが高いため、468にも勝てる可能性のある選手が入っているからです。

結局のところ、「468だから買う」「468だから買わない」と言って車番にこだわるのではなく、出走表の数値を見ながらきちんと予想することが大切なのです。

468かどうかは、予想の本質ではないんですね。

 

【競輪の468(ヨーロッパ)】まとめ

おすすめ

競輪の468(ヨーロッパ)について、もう一度まとめると、

  • 468とは、4番車、6番車、8番車のこと
  • 468は競走得点が低いから、高配当になりやすい
  • 468の1着はほとんど出ないが、3着はわりと出る
  • 468だからと言って、何も考えずに車券から外すのは危険

の4つがポイントです。

468車券には競走得点が低い選手が絡みますが、選手の強さは競走得点だけでは決まりません。

他にも、決まり手、B・H・S、勝率、2連率、3連率などの色々な要素があります。

また、レース展開によって、弱い選手が強い選手に勝つことだってあるのです。

「468をとにかく買う」とか「468だから買わない」などと言っているうちは、競輪で勝つことは難しいでしょう。

競輪で勝つためには、出走表のデータを一つ一つ考えて、しっかりと予想していくことが大切です。

468だけを狙っても、勝てるわけじゃないんだな。
出走表の見方や競走得点については、関連記事をチェックしてみてください。

 

合わせて読みたい記事

-初めての競輪

© 2020 競輪予想サイトなら競輪兄弟!