サマーナイトフェスティバル2022

サマーナイトフェスティバル2022|予想のコツと注目選手

2022年7月20日追記

2022年のサマーナイトフェスティバルは「松浦悠士」選手が優勝しました。

決勝では、最後の直線で「犬伏湧也」選手の番手から差しましたね。

松浦選手は2021年もこのレースを優勝していて、史上初の2連覇になります。

獲得賞金ランキングも4位に上がって、競輪グランプリへの出場も見えてきました。

8月9日からのオールスター競輪にも出場するので、今後の活躍にも注目です。

この記事では、サマーナイトフェスティバルについて、

「レースの特徴は?」

「日程や出場選手は?」

「予想のコツは?」

といった疑問に回答していきます。

サマーナイトフェスティバルは、G1・G2・G3の優勝者が出場するG2レースです。

2022年は7月16日~7月18日の3日間、岡山県の玉野競輪場で開催されます。

G2の傾向と玉野競輪場の特徴を考えると、捲り選手の1着を重視するのがおすすめですね。

この記事を最後まで読んで、ビッグレースで競輪勝ち組を目指していきましょう。

せっかくのビッグレースだから、プラス収支を狙いたいぜ!
予想のコツ以外にも、開催情報や注目選手も解説していきます。

サマーナイトフェスティバルとは?

サマーナイトフェスティバル2022

出典:KEIRIN.JP

サマーナイトフェスティバルとは、G1・G2・G3の優勝者が出場するG2レースです。

レース名の通り、例年夏季に開催され、必ずナイターレースで開催されます。

G2レースには珍しい3日間開催という短期決戦なので、忙しい方でも楽しめますね。

また、2014年からはガールズケイリンフェスティバルも同時開催されています。

2つのビッグレースを一度に楽しめるので、よかったら現地に遊びに行ってみてください。

主催者持ち回り
初代優勝者有坂直樹
初回開催年2005年
最多優勝者武田豊樹(2回)
直近優勝者松浦悠士(2021年)
開催回数17回(2021年)
開催時期7月

参考:ウィキペディア

ここからは、サマーナイトフェスティバルの基本情報を解説していきます。

主な選考基準はG1・G2・G3の優勝

一覧
サマーナイトフェスティバルには、厳しい選考基準を満たした選手だけが出場できます。

具体的に、出場資格を得るのは、

  • S級S班在籍者
  • 2ヵ月以上JCFトラック種目強化指定(A)に所属した者
  • G1・G2・G3の優勝者
  • F1の優勝回数上位者

の81名です(選考期間は前年11月~当年4月)。

選考基準の特徴としては、G1・G2・G3の優勝者が主に選抜されることですね。

ビッグレースを優勝した選手しか出場できないため、F1・F2よりもレベルの高い戦いになります。

サマーナイトフェスティバルには、ビッグレースの優勝者が集結するぜ!

優勝賞金は1,280万円

お金

2022年のサマーナイトフェスティバルの優勝賞金は1,280万円となっています。

これは、G2レースのなかではヤンググランプリの次に低い賞金額ですね。

賞金額が低いのは、まだ歴史が浅いことや3日間開催であることが原因でしょう。

とはいえ、G3・F1の優勝賞金よりは、十分に高い賞金額になっています。

競輪グランプリ出場のためにも、どの選手も気合十分でレースに向かいますね。

サマーナイトフェスティバルは、優勝賞金1,280万円のレースです。

勝ち上がりはトーナメント方式

サマーナイトフェスティバルの勝ち上がり

出典:サマーナイトフェスティバルの特設サイト

サマーナイトフェスティバルの勝ち上がりは、一発勝負のトーナメント方式です。

例えば、2日目の準決勝には、

  • 特別選抜予選の出場者(9名)
  • 予選で1・2着をとった選手(16名)
  • 予選で3着をとった選手のなかで、競走得点上位者(2名)

の合計27名が出場できます。

特別選抜予選の出場者はシード枠で、GP・G1・G2の優勝者が主に出場できますね。

また、3日目の決勝には、準決勝で1~3着をとった9名の選手が出場できます。

直近7回のレース結果を確認すると、優勝者は全て特別選抜予選から勝ち上がった選手でした。

そのため、準決勝では、特別選抜予選の出場者を車券に絡めるのが良さそうですね。

特別選抜予選の出場者は、81名のなかでも特に強い選手だぜ!

ガールズケイリンフェスティバルを同時開催

ガールズケイリンフェスティバル

出典:ガールズケイリンの公式サイト

サマーナイトフェスティバルでは、ガールズケイリンフェスティバルが同時開催されます。

出場資格を得るのは、女子選手のなかで、

  • 運営調整部会が特に認めた選手
  • ガールズケイリン特別レースの優勝者
  • ガールズケイリン(ポイント制)の優勝者
  • 平均競走得点の上位者

の21名です(選考期間は前年11月~当年4月)。

レースの優勝者が主に出場するので、普段よりもレベルの高い戦いになりますね。

また、勝ち上がりはポイント制で、初日と2日目に予選が行われます。

そして、2レース分のポイントを合計し、上位7名の選手が3日目の決勝に出場します。

男子競輪と違って一発勝負ではないので、初日が3・4着でも決勝進出の可能性が残りますね。

2022年の開催では「児玉碧衣」選手などの実力者が出場します。

 

サマーナイトフェスティバル|2022年の開催情報

日本地図

2022年のサマーナイトフェスティバルは、7月16日~7月18日に玉野競輪場で開催されます。

せっかくのG2レースなので、現地やライブ中継でレースを楽しみましょう。

玉野競輪場には2022年2月に併設ホテルが出来たので、泊まりで遊びに行くのもありですね。

また、今のところ、サマーナイトフェスティバルには入場制限はかかっていません。

ここからは、2022年のサマーナイトフェスティバルの開催情報を分かりやすく解説していきます。

サマーナイトフェスティバルの開催情報

  • 開催日は7月16日~7月18日
  • 開催地は岡山県の玉野競輪場
  • 今のところ入場制限はなし
2022年の開催情報を確認して、レースを観戦しましょう。

開催日は7月16日~7月18日

サマーナイトフェスティバル2022の開催日

出典:KEIRIN.JP

2022年のサマーナイトフェスティバルは、7月16日~7月18日に開催されます。

3日間の短期決戦で、初日に予選、2日目に準決勝、最終日に決勝が行われますね。

7月18日は海の日で祝日なので、初日~最終日まで全て休日となっています。

また、レース名の通りナイター開催なので、1Rは15時頃、12Rは20時頃に発走予定です。

せっかくのG2レースなので、現地やライブ中継でレースを楽しんでいきましょう。

土日祝で開催されるから、全レースを追いやすいぜ!

開催地は岡山県の玉野競輪場

2022年のサマーナイトフェスティバルの開催地は、岡山県玉野市にある玉野競輪場です。

公共交通機関で行く場合は、JR宇野駅から無料バスと無料タクシーが利用できます。

運行本数はあまり多くないので、利用したい方は特設サイトの時刻表を確認しましょう。

また、自動車で行く場合は、児島ICから約30分、早島ICから約40分で到着します。

無料駐車場の駐車台数は約2,200台なので、確実に駐車したいなら早めに行きましょう。

詳しくは、玉野競輪のアクセスを確認してみてください。

今のところ入場制限はなし

高評価

2022年のサマーナイトフェスティバルは、今のところは入場制限がありません。

そのため、誰でも自由に現地に行って、レースを観戦することができます。

玉野競輪場には2022年2月に併設ホテルが出来たので、泊まりで遊びに行くのもありですね。

とはいえ、今後の状況によっては、入場制限が新たに設けられる可能性もあります。

現地に行きたい方は、出かける前に特設サイトのインフォメーションを確認しましょう。

ご時世的なことにも注意しながら、現地でレースを楽しもう!

 

サマーナイトフェスティバル|2022年の出場選手

野球

2022年のサマーナイトフェスティバルには、選考基準を満たした81名の選手が出場します。

主な出場選手は、2021年11月~2022年4月のG1・G2・G3の優勝者ですね。

ビッグレースを優勝するには、勝負所できちんと実力を発揮しなければいけません。

G1レースと同じくらい厳しい選考基準なので、白熱した戦いになるでしょう。

ここからは、2022年のサマーナイトフェスティバルの出場選手と注目選手を紹介していきます。

81名の出場選手から、私の注目選手を3名紹介します。

2022年の出場選手はこの81名

級班地区府県選手名競走得点優勝回数
SS北日本秋田守澤太志118.431回
SS北日本福島佐藤慎太郎116.901回
SS関東茨城吉田拓矢115.881回
SS関東埼玉平原康多118.751回
SS関東埼玉宿口陽一110.160回
SS南関東神奈川郡司浩平117.201回
SS近畿大阪古性優作118.661回
SS中国広島松浦悠士116.181回
SS中国山口清水裕友113.271回
S1北日本北海道菊地圭尚109.401回
S1北日本青森新山響平114.151回
S1北日本青森小原佑太103.750回
S1北日本宮城大槻寛徳110.280回
S1北日本宮城菅田壱道114.661回
S1北日本宮城和田圭111.221回
S1北日本福島佐々木雄一106.690回
S1北日本福島山崎芳仁108.501回
S1北日本福島飯野祐太107.330回
S1北日本福島新田祐大112.102回
S1北日本福島小松崎大地111.080回
S1関東茨城武田豊樹105.600回
S1関東栃木神山拓弥111.530回
S1関東栃木雨谷一樹108.641回
S1関東栃木長島大介108.631回
S1関東栃木眞杉匠114.911回
S1関東栃木坂井洋110.300回
S1関東群馬木暮安由113.470回
S1関東群馬佐々木悠葵108.610回
S1関東埼玉武藤龍生110.900回
S1関東埼玉黒沢征治105.180回
S1関東埼玉森田優弥109.000回
S1関東東京鈴木竜士99.750回
S1南関東千葉和田健太郎112.250回
S1南関東千葉鈴木裕112.761回
S1南関東千葉岩本俊介107.560回
S1南関東千葉近藤保104.840回
S1南関東神奈川内藤秀久111.001回
S1南関東神奈川松坂洋平110.850回
S1南関東神奈川小原太樹109.040回
S1南関東神奈川松谷秀幸110.570回
S1南関東神奈川和田真久留112.281回
S1南関東静岡渡邉雄太113.121回
S1中部岐阜山田諒99.340回
S1中部三重谷口遼平108.550回
S1近畿京都山田久徳 109.251回
S1近畿奈良三谷将太107.200回
S1近畿和歌山東口善朋114.931回
S1近畿和歌山中西大106.110回
S1近畿大阪岡崎智哉110.710回
S1近畿大阪神田紘輔111.720回
S1近畿兵庫村田雅一109.551回
S1中国岡山柏野智典108.900回
S1中国岡山片岡迪之106.651回
S1中国岡山隅田洋介111.200回
S1中国広島町田太我109.801回
S1中国山口桑原大志107.521回
S1四国徳島小倉竜二112.851回
S1四国徳島高原仁志107.520回
S1四国徳島原田研太朗108.111回
S1四国徳島小川真太郎110.071回
S1四国徳島太田竜馬114.182回
S1四国徳島島川将貴108.420回
S1四国愛媛橋本強108.650回
S1九州福岡坂本健太郎110.330回
S1九州福岡園田匠113.550回
S1九州佐賀荒井崇博117.611回
S1九州佐賀山田英明108.850回
S1九州佐賀山田庸平114.251回
S1九州長崎井上昌己113.261回
S1九州熊本中川誠一郎111.070回
S1九州熊本中本匠栄110.260回
S1九州熊本上田尭弥106.000回
S1九州熊本嘉永泰斗114.171回
S1九州熊本松本秀之介106.280回
S2関東茨城吉田有希108.230回
S2関東栃木磯田旭106.310回
S2近畿京都川村晃司101.250回
S2四国徳島犬伏湧也109.863回
S2四国愛媛佐々木豪108.801回
S2九州福岡吉本卓仁105.680回
S2九州大分阿部将大107.070回

敬称略
出場選手や成績は2022年7月13日時点

2022年のサマーナイトフェスティバルの出場選手は、上の表の81名です。

競走得点からは選手の総合力、優勝回数からは選手の勝負強さを判断してみてください。

また、上の表では、競走得点トップ10と優勝回数2回以上を赤太字にしてみました。

赤太字が付いている選手は活躍に期待できるので、積極的に車券に絡めていきましょう。

G1・G2・G3の優勝者だけあって、実力者が集まっているな!

注目選手の一人目は「松浦悠士」選手

松浦悠士

出典:KEIRIN.JP

2022年の出場選手のなかで、私が注目している選手の一人目は「松浦悠士」選手です。

松浦選手は、2021年のサマーナイトフェスティバルの優勝者ですね。

さらに、2021年は日本選手権競輪を優勝して、競輪グランプリにも出場しました。

2022年は2月の奈良G3と4月の川崎G3を優勝して、現在は賞金ランキング4位となっています。

同じ地区の「清水裕友」選手とラインを組んだ時は、どちらが前になるかに注目です。

この2名は、番手になった選手が活躍しやすいイメージですね。

注目選手の二人目は「柏野智典」選手

柏野智典

出典:KEIRIN.JP

2022年の出場選手のなかで、私が注目している選手の二人目は「柏野智典」です。

柏野選手は、2022年の開催地である玉野競輪場の地元選手ですね。

競走得点は真ん中より少し下くらいですが、地の利があるので活躍に期待できます。

2021年のG1レースでの成績は、勝率19.2%、2着率7.7%、3着率11.5%でした。

これまでは予選敗退が多かったですが、地元開催なら決勝進出もあるかもしれません。

柏野選手は、差しやマークが得意な追込み選手だな!

注目選手の三人目は「犬伏湧也」選手

犬伏湧也

出典:KEIRIN.JP

2022年の出場選手のなかで、私が注目している選手の三人目は「犬伏湧也」選手です。

犬伏選手は、2021年5月にデビューしたばかりの新人選手ですね。

2021年8月にA級2班、2021年11月にS級2班に特別昇級して、現在はS級2班に所属しています。

直近4ヵ月間でF1のS級戦を3回も優勝しているので、S級でも通用する実力です。

徳島県の選手なので「松浦悠士」選手や「柏野智典」選手と連携する可能性がありますね。

犬伏選手は、逃げや捲りが得意なラインを引っ張る選手です。

 

サマーナイトフェスティバル|2022年の予想のコツ

データ

2022年のサマーナイトフェスティバルでは、G2と玉野競輪場の特徴を把握することが重要です。

例えば、G2レースは混戦になりやすく、捲りの1着、差しの2着が出やすいです。

また、玉野競輪場は目の前に瀬戸内海があるため、海風の影響を受けやすくなっています。

このような特徴を把握して予想に活かせば、車券収支アップにつながるでしょう。

ここからは、2022年のサマーナイトフェスティバルを攻略法を分かりやすく解説していきます。

サマーナイトフェスティバルの攻略法

  • 捲りの1着を重視する
  • 差しの2着を重視する
  • 風向きごとに狙いを変える
予想のコツを活かして、プラス収支を目指してみてください。

捲りの1着を重視する

捲りの1着

出典:KEIRIN.JP

サマーナイトフェスティバルの予想のコツの1つ目は、捲りの1着を重視することです。

これは、G2レースではF1・F2レースよりも、捲りの1着が出やすいからですね。

逆に、その分だけ逃げの1着は出にくくなっているので、逃げ選手は評価を下げましょう。

どの選手が捲るかは、出走表のB・Hや決まり手から予想してみてください。

Bが多くてHが少ない選手や捲りの決まり手が多い選手が、捲りを狙う可能性が高いです。

三分戦なら、1名が逃げ、2名が捲りを狙うことが多いな!

差しの2着を重視する

差しの2着

出典:KEIRIN.JP

サマーナイトフェスティバルの予想のコツの2つ目は、差しの2着を重視することです。

これは、G2レースではF1・F2レースよりも、差しの2着が出やすいからですね。

逆に、その分だけ逃げの2着は出にくくなっているので、逃げ選手は評価を下げましょう。

差しの2着は、別々のラインの選手が1・2着をとったときに出やすくなります。

レースが混戦になりそうなときは、スジ違い決着を買って穴狙いをしてみてください。

1着の決まり手も考えると「捲-差」のスジ違い決着が狙い目ですね。

風向きごとに狙いを変える

風

サマーナイトフェスティバルの予想のコツの3つ目は、風向きで狙い目を変えることです。

これは、玉野競輪場が瀬戸内海に面していて、風の影響を受けやすいからですね。

風向きごとに狙い目となるラインを下の表にまとめました。

風向き 狙い目
バック向かい風(ホーム追い風) 北風 捲りライン
バック追い風(ホーム向かい風) 南風 逃げライン
バックからホームへの横風 東風 逃げライン
ホームからバックへの横風 西風 捲りライン

風向きと風の強さをtenki.jpやライブ中継で確認して、予想に活かしてみてください。

例えば、北風のレースでは、先ほど解説したスジ違い決着「捲-差」を狙うのもおすすめです。

詳しく知りたい方は、競輪 風の記事も読んでみてくれ!

 

サマーナイトフェスティバル|よくある質問

よくある質問

ここからは、サマーナイトフェスティバルについてのよくある質問をまとめました。

気になる疑問があれば、回答を読んで解決しておきましょう。

競輪の2022年のカレンダーは?

競輪の2022年のカレンダーは、KEIRIN.JPで確認できます。

開催日程のページで2~3ヵ月先までのレース日程が載っていますね。

競輪グランプリ2022の日程や開催地は?

競輪グランプリ2022は、2022年12月28日~12月30日に平塚競輪場で開催されます。

G1優勝者と獲得賞金の上位者が出場するので、白熱したレースになりますね。

競輪G1・G2の2022年のレース結果は?

競輪G1・G2の2022年のレース結果は、競輪 グレードレースの記事にまとめています。

G1・G2・G3の優勝者はG1・G2レースが終了するごとに更新する予定です。

オールスター競輪や寛仁親王牌の予想は?

オールスター競輪や寛仁親王牌の予想のコツは、開催1~2週間前に記事にまとめます。

オールスター競輪は8月9日~8月14日、寛仁親王牌は10月20日~10月23日に開催予定です。

サマーナイトフェスティバル2023の開催情報は?

サマーナイトフェスティバル2023は、7月15日~7月17日に函館競輪場で開催されます。

2021年も函館競輪場で開催されたので、函館競輪場での開催は2年ぶりですね。

サマーナイトフェスティバルについて、細かい部分までわかったぜ!
最後に、この記事のおさらいをしましょう。

 

サマーナイトフェスティバル|2022年のまとめ

おすすめ

サマーナイトフェスティバルについておさらいすると、

  • 出場選手はG1・G2・G3の優勝者
  • 優勝賞金は1,280万円
  • 勝ち上がりはトーナメント方式
  • ガールズケイリンフェスティバルを同時開催
  • 7月16日~7月18日に玉野競輪場で開催
  • 今のところ入場制限はなし

の6つがポイントです。

また、私の注目選手は「松浦悠士」選手、「柏野智典」選手、「犬伏湧也」選手の3名ですね。

予想するときは、捲りの1着、差しの2着、風向き、オッズに注意しましょう。

2022年のサマーナイトフェスティバルは、土日祝の3日間で開催される短期決戦です。

他のG1・G2よりもレースを観戦しやすいので、現地やネットで競輪を楽しんでみてください。

サマーナイトフェスティバルはレベルが高いから、観戦するだけでも楽しいぜ!
G2や玉野競輪場の攻略記事も、よかったら読んでみてください。

 

合わせて読みたい記事

-GP・G1・G2