競輪のグレードレース

競輪のグレードレースの日程・賞金・結果・優勝者【GP・G1・G2・G3】【2024年】

この記事では、競輪のグレードレースについて、以下の疑問に回答していきます。

「競輪のグレードレースってなに?」

「2024年のグレードレースの日程や賞金は?」

「グレードレースの予想のコツは?」

競輪のグレードレースは、GP・G1・G2・G3の総称で、F1・F2より格付けの高いレースです。

GP・G1・G2は格付けが特に高く、1年間で合計14回しか開催されません。

一方、G3は開設記念競輪や施設整備等協賛競輪など、1年間で合計45回前後開催されます。

グレードレースはF1・F2より賞金が高いので、白熱したレースになりますね。

ここからは、グレードレースの攻略法を解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

GP・G1・G2には、競輪選手のなかでもトップの選手が集まるぜ!
グレードレースが近くで開催されるときは、遊びに行ってみましょう。

 

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)とは?

意味

競輪のグレードレースとは、GP・G1・G2・G3の総称で、F1・F2よりランクの高いレースです。

まず、GPは競輪グランプリのことで、毎年12月30日に行われています。

次に、G1・G2はレースごとに厳しい出場条件があり、1年間で合計13回開催されますね。

最後に、G3は開設記念競輪など、1年間で合計45回前後開催されます。

GP・G1・G2・G3にはS級選手しか出場できないので、F1・F2より白熱したレースになりますね。

ここからは、各グレードについて詳しく解説していきます。

競輪のGPは最も格付けが高い競輪グランプリ

競輪のGPとは

競輪のGPとは、全レースの頂点に立ち、全ての選手の目標である競輪グランプリのことです。

競輪グランプリは一発勝負のレースで、毎年12月30日に行われています。

また、出場選手は9名だけで、その年のG1優勝者と獲得賞金の上位者が出場できますね。

競輪グランプリ出場者は、翌年の競輪グランプリまでS級S班に所属できます。

S級S班の選手は、その年の競輪界を引っ張っていく選手なので、名前を覚えておきましょう。

競輪のGPは、全レースの頂点に立つ競輪グランプリのことだな!

競輪のS級S班
競輪のS級S班とは?選出条件や2024年と歴代の選手を紹介!

続きを見る

競輪のG1は2番目に格付けが高い9レース

競輪のG1とは

競輪のG1とは、競輪グランプリの次に格付けが高いレースで、1年間に合計9回開催されます。

下の表に、G1のレース名と主な出場条件をまとめました。

レース名主な出場選手
読売新聞社杯全日本選抜競輪都道府県ごとの競走得点1位の男子選手
オールガールズクラシック獲得賞金上位の女子選手
日本選手権競輪獲得賞金上位の男子選手
高松宮記念杯競輪東西別平均競走得点の上位の男子選手
パールカップ東西別平均競走得点の上位の女子選手
オールスター競輪ファン投票の上位の男子選手
寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント自転車競技で活躍した男子選手
朝日新聞社杯競輪祭4日制G3決勝1~3位回数上位の男子選手
競輪祭女子王座戦単発を除く決勝1~3位回数上位の女子選手

競輪のG1は、通常の男子競輪が1年間に6回、ガールズケイリンが1年間に3回開催されます。

オールガールズクラシックでは、全てのレースが女子選手だけで行われますね。

一方、パールカップと競輪祭女子王座戦は、同じ期間の男子競輪のG1と並行開催されます。

男子競輪のG1優勝者は、その年の競輪グランプリの出場権を得ます。

また、ガールズケイリンのG1優勝者は、その年のガールズグランプリの出場権を得ますね。

競輪のG1は、競輪グランプリの次にランクが高いレースです。

競輪のG2は3番目に格付けが高い4レース

競輪のG2とは

競輪のG2とは、GP・G1に続いてランクが高いレースで、1年間に合計4回開催されています。

下の表に、G2のレース名と主な出場条件をまとめました。

レース名主な出場条件
ウィナーズカップ1着回数の上位者
サマーナイトフェスティバルG1・G2・G3の優勝者
共同通信社杯若手選手を多く選抜
ヤンググランプリ競走得点上位の若手選手

G2もG1と同じくレースごとに出場条件がありますが、G1よりも色々な選手が出場できます。

また、G2の優勝者は、F1・F2よりも多くの賞金を手に入れることができますね。

獲得賞金ランキング上位者になりやすいので、年末の競輪グランプリ出場に大きく近付きます。

競輪のG3は、G1の次にランクが高いレースだな!

競輪のG3は4番目に格付けが高い約45レース

競輪のG3とは

競輪のG3とは、G2の次に格付けが高いレースで、1年間で45回前後開催されています。

下の表に、G3のレース名・特徴・開催数をまとめました。

レース名特徴開催数
開設記念競輪4日制以上のG1・G2が開催されない競輪場で開催年35~40回
大阪・関西万博協賛競輪2021年度~2025年度限定で開催年1回
施設整備等協賛競輪2021年度~2026年度限定で開催年3~4回
ナイター競走開設記念競輪をナイター開催した競輪場が実施年1~3回

G3には、G1・G2のようなレースごとの出場条件はなく、S級選手であれば出場できます。

また、G3での成績は、一部のG1・G2の出場条件に関わってきますね。

ちなみに、開設記念競輪は、4日間以上のG1・G2を開催する競輪場では開催されません。

さらに、開設記念競輪とナイター競走は競輪場ごとにレース名が違います。

どの競輪場でもG1・G2・G3が原則年1回は開催されるので、遊びに行ってみてください。

競輪のG3は、G2の次にランクが高いレースです。

 

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の予想のコツは?

比較

競輪のグレードレースの予想のコツは、捲りや差しを狙う選手をF1・F2よりも重視することです。

また、別ラインの1・2着を狙ったスジ違い決着を検討するのもおすすめですね。

他には、三連単の1着を絞って、2・3着を手広く買うと的中率を上げることができるでしょう。

競輪で稼ぐには、的中率だけでなく、オッズまで考えることが重要です。

選手とラインの強さから的中率を考えて、オッズまで含めて稼げそうな買い目を狙ってください。

ここからは、競輪のグレードレースの予想のコツを解説していきます。

グレードレースでは捲りや差しを狙う選手を重視する

グレードレースの決まり手

出典:競輪JP

競輪のグレードレースでは、捲りや差しを狙う選手をF1・F2よりも重視するのがおすすめです。

最近の競輪のレースは、グレードレースが9車立、F1・F2が7車立で行われています。

F1・F2の7車立では、二分戦になることも多く、逃げる選手がそのまま1着をとりやすいです。

一方、グレードレースの9車立では、三分戦や四分戦の混戦も多くなります。

逃げ選手1名に対して、捲り選手2~3名、差し選手5~6名なので、捲りや差しが出やすいですね。

競輪のグレードレースでは、捲りや差しを狙う選手を重視しよう!

グレードレースではスジ違い決着を検討する

グレードレースのスジ違い決着

出典:楽天Kドリームス

競輪のグレードレースでは、スジ違い決着(別ラインの1・2着)を検討するのがおすすめです。

これは、グレードレースは9車立で、F1・F2の7車立よりもラインが多いからですね。

また、グレードレースはF1・F2よりも選手の実力が高いので、どの選手も車券に絡んできます。

さらに、単騎の戦い方を知っている選手も多く、車券に絡んでくることがありますね。

実力上位の選手が単騎のときは、1~3着に入れると思わぬ高配当を的中できるかもしれません。

競輪のグレードレースでは、別ラインの1・2着も検討しましょう。

グレードレースでは三連単の2・3着を手広く買う

三連単の車券

競輪のグレードレースでは、三連単の1着を絞りつつ、2・3着を手広く買うのがおすすめです。

これは、出場選手の実力が高く、どの選手も車券に絡んでくるからですね。

例えば、車券に絡みそうな選手から順番に◎、〇、×、△、注と予想印を付けたとします。

このとき、三連単「◎-〇×△注-〇×△注」はおすすめの買い方の1つです。

また、〇の選手の1着も買いたいときは、三連単「◎〇-◎〇×△-◎〇×△」もおすすめですね。

競輪のグレードレースでは、三連単の2・3着を手広く買ってみてくれ!

 

競輪のグレードレースの日程・賞金・結果・優勝者【2024年】

カレンダー

競輪のグレードレースの日程・賞金・結果・優勝者について、2024年の一覧を作りました。

GP・G1・G2・G3の順番でまとめたので、ぜひ遊びに行ってみてください。

また、2022年までは入場制限がかかることもありましたが、2023年にはなくなりました。

誰でも気軽に現地に行けるようになったのは嬉しいです。

一方、現地に行けない方は、ネット投票とライブ中継でレースを楽しむのもおすすめですね。

2024年の優勝者については、GP・G1・G2終了ごとに更新していきます。

競輪のGPの日程・賞金・結果・優勝者【2024年】

レース名日程開催場優勝賞金優勝者
競輪グランプリ12/30静岡1億3,000万円-

敬称略
調査日:2024年1月25日

競輪のGPの2024年の日程・開催場・賞金・結果・優勝者について、上の表にまとめました。

競輪グランプリは、予選が存在しない一発勝負のレースです。

その年のG1優勝者と獲得賞金上位者の合計9名が出場して、優勝賞金を賭けて戦います。

優勝賞金の1億3,000万円は、全レースのなかで最も高い賞金額ですね。

優勝者はその年の獲得賞金が2~3億円になることが多く、その年の賞金王になりやすいです。

2024年のGPは、12月30日に静岡競輪場で開催されるぜ!

競輪のG1の日程・賞金・結果・優勝者【2024年】

レース名日程開催場優勝賞金優勝者
第39回読売新聞社杯全日本選抜競輪02/09~02/12岐阜3,800万円郡司浩平
第2回オールガールズクラシック04/26~04/28久留米550万円児玉碧衣
第78回日本選手権競輪04/30~05/05いわき平8,200万円平原康多
第75回高松宮記念杯競輪06/11~06/16岸和田4,700万円北井佑季
第2回パールカップ06/11~06/16岸和田400万円石井貴子
第67回オールスター競輪08/13~08/18平塚5,700万円-
第33回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント10/17~10/20弥彦3,800万円-
第66回朝日新聞社杯競輪祭11/19~11/24小倉4,500万円-
第2回競輪祭女子王座戦11/19~11/24小倉400万円

敬称略
調査日:2024年1月25日

競輪のG1の2024年の日程・開催場・賞金・結果・優勝者について、上の表にまとめました。

基本的に、6日制のG1は、4日制のG1よりも優勝賞金が高くなっています。

また、ガールズケイリンのG1は、通常のG1よりも優勝賞金がかなり低くなっていますね。

2024年のG1優勝者は、2024年の競輪グランプリに出場できます。

出場選手の実力もF1・F2より高いので、近くで開催されるときは遊びに行ってみてください。

2024年のG1は、2・4・6・8・10・11月に開催されますね。

競輪のG2の日程・賞金・結果・優勝者【2024年】

レース名日程開催場優勝賞金優勝者
第8回ウィナーズカップ03/21~03/24取手2,600万円脇本雄太
第20回サマーナイトフェスティバル07/13~07/15松戸1,400万円-
第40回共同通信社杯09/13~09/16宇都宮2,600万円-
ヤンググランプリ202412/28静岡470万円-

敬称略
調査日:2024年1月25日

競輪のG2の2024年の日程・開催場・賞金・結果・優勝者について、上の表にまとめました。

ヤンググランプリは一発勝負のレースなので、賞金が他のG2よりも少ないですね。

また、サマーナイトフェスティバルの賞金が少ないのは、3日制だからだと考えられます。

2024年のG2優勝者は、獲得賞金上位者として競輪グランプリに出場しやすいです。

出場選手の実力もF1・F2より高いので、近くで開催されるときは遊びに行ってみてください。

2024年のG2は、3・7・9・12月に開催されるぜ!

競輪のG3の日程・賞金・結果・優勝者【2024年】

レース名日程開催場優勝賞金優勝者
東日本発祥倉茂記念杯01/05~01/08大宮500万円清水裕友
和歌山グランプリ01/11~01/14和歌山500万円古性優作
桜花賞・海老澤清杯01/18~01/21川崎500万円郡司浩平
いわき金杯争奪戦01/25~01/28いわき平500万円新田祐大
たちあおい賞争奪戦02/01~02/04静岡500万円清水裕友
能登半島支援 玉藻杯争覇戦02/17~02/20高松500万円浅井康太
能登半島支援 春日賞争覇戦02/22~02/25奈良500万円三谷竜生
能登半島支援瀬戸の王子杯争奪戦02/29~03/03玉野500万円松浦悠士
能登半島支援 金亀杯争覇戦03/07~03/10松山500万円古性優作
大阪・関西万博協賛03/14~03/17伊東421万円岩本俊介
大阪・関西万博協賛競輪03/28~03/31武雄400万円山田康平
桜花賞・海老澤清杯04/04~04/07川崎520万円嘉永泰斗
能支・万協 よさこい賞争覇戦04/11~04/14高知520万円阿部将大
ゴールド・ウイング賞04/20~04/23西武園520万円眞杉匠
大楠賞争奪戦05/11~05/14武雄520万円深谷知広
能登半島支援・五稜郭杯争奪戦05/16~05/19函館520万円古性優作
能登支援・万協 三山王冠争奪戦06/01~06/04前橋520万円小林泰正
万博協賛ミリオンナイトカップ06/06~06/09函館440万円阿部将大
大阪・関西万博協賛競輪06/06~06/09奈良420万円大矢崇弘
能支第30回中野カップレース06/22~06/25久留米520万円-
水戸黄門賞06/27~06/30取手520万円-
阿波おどり杯争覇戦07/04~07/07小松島520万円-
佐世保G307/16~07/18佐世保--
能登支援・万博協賛 不死鳥杯07/20~07/23福井520万円-
オランダ王国友好杯07/25~07/28別府520万円-
燦燦ダイヤモンド滝澤正光杯08/01~08/04松戸520万円-
施設整備等協賛道後温泉杯争覇戦08/08~08/11松山420万円-
北条早雲杯争奪戦08/24~08/27小田原520万円-
瑞峰立山賞争奪戦08/29~09/01富山520万円-
万博協賛開設74周年記念平安賞09/05~09/08向日町520万円-
みちのく記念善知鳥杯争奪戦09/21~09/24岐阜--
青森G309/26~09/29岐阜520万円-
熊本G310/03~10/06熊本--
川崎G310/11~10/14川崎--
別府G310/11~10/14別府--
京王閣G310/26~10/29京王閣--
防府G311/01~11/04防府--
四日市G311/07~11/10四日市--
松阪G311/14~11/17松阪--
大垣G311/30~12/03大垣--
松山G312/05~12/08松山--
玉野G312/12~12/15玉野--
佐世保G312/19~12/22佐世保--

敬称略
調査日:2024年1月25日

競輪のG3の2024年の日程・開催場・賞金・結果・優勝者について、上の表にまとめました。

レース名が公開されていないG3は、一旦「〇〇G3」と書いています。

また、優勝賞金も、そのレースの賞金表が公開されていない場合は記載していません。

2024年度のG3は、2024年度にG1・G2が開催されない競輪場で開催されます。

G1・G2が開催されない競輪場では、最も大きなレースになるので遊びに行ってみましょう。

2024年のG3は、毎月2~4回開催されますね。

 

競輪のグレードレースの日程・賞金・結果・優勝者【2023年】

お金

競輪のグレードレースの日程・賞金・結果・優勝者について、2023年の一覧を作りました。

2023年のグレードレースの優勝者は、2024年のレースでも活躍しやすいです。

例えば「古性優作」選手は、2023年のG1を3回も優勝するという偉業を成し遂げました。

また「眞杉匠」選手も、25歳という若さでG1を2回も優勝しています。

他にも「松浦悠士」選手は、競輪グランプリ2023を優勝して、獲得賞金1位になりましたね。

2023年の優勝者をチェックして、2024年の注目選手を覚えておきましょう。

競輪のGPの日程・賞金・結果・優勝者【2023年】

レース名日程開催場優勝賞金優勝者
競輪グランプリ12/30立川1億3,000万円松浦悠士

敬称略

競輪のGPの2023年の日程・開催場・賞金・結果・優勝者について、上の表にまとめました。

競輪グランプリ2023を優勝したのは、広島県の「松浦悠士」選手でしたね。

松浦選手はレース中盤まで「清水裕友」選手の番手に付き、チャンスを伺っていました。

その後「深谷知広」選手に上手く切り替えて、見事に1着をとっています。

松浦選手は競輪グランプリ初優勝で獲得賞金1位になったので、2024年の活躍にも注目です。

競輪グランプリ2023の優勝者は「松浦悠士」選手だったぜ!

競輪のG1の日程・賞金・結果・優勝者【2023年】

レース名日程開催場優勝賞金優勝者
第38回読売新聞社杯全日本選抜競輪02/23~02/26高知3,442万円古性優作
第77回日本選手権競輪05/02~05/07平塚7,900万円山口拳矢
第74回高松宮記念杯競輪06/13~06/18岸和田4,500万円古性優作
第66回オールスター競輪08/15~08/20西武園5,700万円眞杉匠
第32回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント10/19~10/22弥彦3,800万円古性優作
第65回朝日新聞社杯競輪祭11/21~11/26小倉4,500万円眞杉匠

敬称略

競輪のG1の2023年の日程・開催場・賞金・結果・優勝者について、上の表にまとめました。

2023年は、大阪府の「古性優作」選手がG1を3回も優勝しましたね。

古性選手は2022年にG1を2回、2021年にGPとG1を優勝しているので、本物の実力者です。

また「眞杉匠」選手は8月にG1初優勝した後、もう一度G1優勝しています。

2024年のS級S班では最年少の25歳なので、今後のグレードレースでの成長にも注目ですね。

2023年のG1優勝者では「古性優作」選手や「眞杉匠」選手に注目です。

競輪のG2の日程・賞金・結果・優勝者【2023年】

レース名日程開催場優勝賞金優勝者
第7回ウィナーズカップ03/18~03/21別府2,391万円松浦悠士
第19回サマーナイトフェスティバル07/15~07/17函館1,400万円松浦悠士
第39回共同通信社杯09/15~09/18青森2,600万円深谷知広
ヤンググランプリ202312/28立川470万円太田海也

敬称略

競輪のG2の2023年の日程・開催場・賞金・結果・優勝者について、上の表にまとめました。

2023年は、広島県の「松浦悠士」選手がG2を2回も優勝しましたね。

さらに、松浦選手は競輪グランプリ2023も優勝したので、2024年の活躍にも注目です。

また、ヤンググランプリ2023は岡山県の「太田海也」選手が優勝しました。

2023年に最も強い新人選手とも言えるので、今後のグレードレースでの成長にも注目です。

2023年のG2優勝者では「松浦悠士」選手や「太田海也」選手に注目だな!

競輪のG3の日程・賞金・結果・優勝者【2023年】

レース名日程開催場優勝賞金優勝者
鳳凰賞典レース01/04~01/07立川438万円新田祐大
和歌山グランプリ01/12~01/15和歌山438万円脇本雄太
東日本発祥倉茂記念杯01/19~01/22大宮438万円深谷知広
開場73周年記念ちぎり賞争奪戦01/26~01/29豊橋438万円脇本雄太
開設72周年記念 春日賞争覇戦02/02~02/05奈良438万円三谷竜生
たちあおい賞争奪戦02/09~02/12静岡438万円郡司浩平
施設整備等協賛競輪in伊東温泉02/16~02/19伊東350.4万円山口拳矢
水都大垣杯03/04~03/07大垣438万円犬伏湧也
金亀杯争覇戦03/09~03/12松山438万円山田庸平
瀬戸の王子杯争奪戦03/26~03/29玉野438万円小原太樹
BNR 大阪・関西万博協賛04/01~04/04四日市421万円浅井康太
よさこい賞争覇戦04/06~04/09高知500万円新田祐大
北条早雲杯争奪戦04/13~04/16小田原500万円郡司浩平
大楠賞争奪戦04/22~04/25武雄500万円脇本雄太
大阪・関西万博協賛競輪04/27~04/30久留米400万円橋本壮史
開設73周年記念五稜郭杯争奪戦05/13~05/16函館500万円嘉永泰斗
ワンダーランドカップ05/18~05/21宇都宮500万円眞杉匠
水都大垣杯06/03~06/06大垣500万円浅井康太
施設整備等協賛京都向日町カップ06/08~06/11向日町400万円簗田一輝
第29回 中野カップレース06/24~06/27久留米500万円成田和也
開設73周年記念三山王冠争奪戦06/29~07/2前橋500万円古性優作
阿波おどり杯争覇戦07/06~07/09小松島500万円松浦悠士
開設73周年記念 不死鳥杯07/22~07/25福井500万円脇本雄太
開場74周年記念 金鯱賞争奪戦07/27~07/30名古屋500万円山口拳矢
瑞峰立山賞争奪戦08/03~08/06富山500万円郡司浩平
大阪・関西万博協賛名輪会カップ08/10~08/13京王閣421万円田尾駿介
大阪・関西万博協賛競輪08/10~08/13和歌山400万円金子幸央
燦燦ダイヤモンド滝澤正光杯08/26~08/29松戸500万円深谷知広
開設73周年記念 平安賞08/31~09/03向日町500万円北井佑季
鳳凰賞典レース09/07~09/10立川500万円森田優弥
蒲生氏郷杯王座競輪09/23~09/26松阪500万円郡司浩平
開設74周年記念ちぎり賞争奪戦09/28~10/01豊橋500万円町田太我
「火の国杯争奪戦」in久留米10/06~10/09久留米500万円中本匠栄
施設整備協賛小田原城下町音頭杯10/12~10/15小田原400万円宿口陽一
ゴールドカップレース10/28~10/31京王閣500万円新田祐大
周防国府杯争奪戦11/02~11/05玉野500万円清水裕友
泗水杯争奪戦11/09~11/12四日市500万円浅井康太-
施設整備等協賛競輪in大垣11/16~11/19大垣400万円山賀雅仁
椿賞争奪戦12/02~12/05伊東500万円和田健太郎
オランダ王国友好杯12/07~12/10別府500万円守澤太志
九十九島賞争奪戦12/14~12/17佐世保500万円荒井崇博
ひろしまピースカップ12/21~12/24玉野500万円山田庸平

敬称略

競輪のG3の2023年の日程・開催場・賞金・結果・優勝者について、上の表にまとめました。

2024年は「郡司浩平」選手と「脇本雄太」選手がG3を3回も優勝しましたね。

しかし、郡司選手はG1・G2では予選敗退が多く、獲得賞金ランキングは15位でした。

一方、脇本選手は出場したほとんどのG1・G2で決勝進出しています。

同じ地区にはG1を3回も優勝した「古性優作」選手もいるので、この2名の連携には注目です。

2023年のG3優勝者では「脇本雄太」選手に注目ですね。

 

競輪のグレードレース|よくある質問

疑問

ここからは、競輪のグレードレースについてのよくある質問に回答していきます。

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の最高配当は?

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の最高配当は1,174,990円です。

2017年11月23日の小倉9Rで出ましたね。

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の売上は?

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の売上は、グレードレース開催日程で確認できます。

GP・G1・G2は50~130億円、G3は30~60億円の売上が多いですね。

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の優勝回数は?

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の優勝回数は、輪pediaに載っています。

2023年の競輪祭終了時点では「神山雄一郎」選手の16回が最高みたいですね。

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の歴代優勝者は?

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の歴代優勝者は、資料室にまとめられています。

レースごとの歴代優勝者を確認できるので、気になる方はチェックしてみてください。

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の勝ち上がりは?

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の勝ち上がりは、基本的にはトーナメント方式です。

オールスター競輪と競輪祭では、一次予選がポイント方式で行われます。

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の2025年度は?

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の2025年度は、まだ発表されていませんでした。

例年通りなら、2024年3月下旬に開催場や日程が競輪JPで発表されますね。

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の予想を見るには?

競輪のグレードレース(GP・G1・G2・G3)の予想を見るには、レースの特設サイトがおすすめです。

また、私が検証している競輪予想サイトを利用するのもありですね。

競輪のグレードレースについて、細かい部分までわかったぜ!
最後に、この記事の内容をおさらいしましょう。

 

競輪のグレードレース|まとめ

おすすめ

競輪のグレードレースについて、この記事のポイントをおさらいします。

  • GP・G1・G2・G3の順にランクが高い
  • GPは12月30日に行われる一発勝負
  • G1・G2は合計で年13回開催
  • G3は主に開設記念競輪で年45回前後
  • GP・G1・G2は賞金が特に高い

競輪のグレードレースの予想のコツは、捲りや差しを狙う選手をF1・F2よりも重視することです。

また、別ラインの1・2着を狙ったスジ違い決着を検討するのもおすすめですね。

他には、三連単の1着を絞って、2・3着を手広く買うと的中率を上げることができるでしょう。

私のブログでは、GP・G1・G2の開催1~2週間前に攻略記事を公開しています。

各レースの出場選手や予想のコツをまとめているので、よかったらそちらも読んでみてください。

グレードレースは、ぜひ一度は現地で観戦してくれよな!
予想するときは、そのレースの特設サイトも要チェックですね。