競輪のG1

競輪のG1とは?2022年の開催日程・優勝者・予想のコツ!

この記事では、競輪のG1について、

「G1レースの特徴は?」

「2022年の日程や優勝者は?」

「予想のコツは?」

といった疑問に回答していきます。

競輪のG1(ジーワン)とは、GPを除く競輪界最高格付けのレースです。

1年間に6回しか開催されず、優勝者は莫大な賞金とGPへの出場権を手に入れることができます。

G1レースは基本的には9車立なので、7車立のレースよりも捲りが出やすいことが特徴です。

そのため、予想するときは、普段よりも捲り選手の1着をを重視しましょう。

ここからは、G1の特徴と攻略法を解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

G1レースは、1年で6回しか開催されないビッグレースだな!
過去1000レース以上の結果から、レースの傾向を分析しました。

 

競輪のG1とは?

意味

競輪のG1(ジーワン)とは、GPを除く競輪界最高格付けのレースです。

開催時期は大体決まっていて、例年2・4・6・8・10・11月の合計6回だけ開催されます。

また、レースごとに厳しい出場資格があるため、一流選手しか出場できません。

レースのレベルが高く、優勝者は莫大な賞金とGPへの出場権を手に入れることができますね。

ここからは、G1レースの基礎知識として、以下の5つを初心者向けに解説していきます。

G1レースの基礎知識

  • レースの格が2番目に高い
  • 1年間に6開催だけ
  • レースごとに出場資格が違う
  • 優勝賞金は約3,000万円以上
  • 優勝者はGPに出場できる
まずは、G1レースの基礎知識を身に付けましょう。

レースの格が2番目に高い

G1

競輪では、レースの格付けはグレードと呼ばれ、GP・G1・G2・G3・F1・F2の6段階があります。

この6段階のうち、G1レースは格付けが高いほうから2番目のグレードです。

また、GPに分類されるのは、例年12月下旬に開催される競輪グランプリだけとなっています。

GPレースが1開催しかないため、G1レースの格付けはかなり高いと言えるでしょう。

出場選手のレベルも高いので、G2以下のレースよりも白熱したレースが繰り広げられます。

一部のレースは、かつては特別競輪と呼ばれていたな!

1年間に6開催だけ

カレンダー

競輪のG1レースは、1年間に6回しか開催されません。

開催時期は大体決まっていて、例年2・4・6・8・10・11月に開催されます。

また、開催地は、基本的には全国(あるいは一部)の競輪場での持ち回りですね。

ただし、競輪祭だけは、福岡県の小倉競輪場で毎年開催されています。

G1レースの開催時期と読み方を下の表にまとめたので、確認してみてください。

開催名開催時期読み方
読売新聞社杯
全日本選抜競輪
2月中旬よみうりしんぶんしゃはい
ぜんにほんせんばつけいりん
日本選手権競輪4月下旬にほんせんしゅけんけいりん
高松宮記念杯競輪6月中旬たかまつのみやきねんはいけいりん
オールスター競輪8月中旬おーるすたーけいりん
寛仁親王牌
世界選手権記念トーナメント
10月中旬ともひとしんのうはい
せかいせんしゅけんきねんとーなめんと
朝日新聞社杯 競輪祭11月下旬あさひしんぶんしゃはい けいりんさい
2022年の日程と開催地は、この記事の中盤にまとめています。

レースごとに出場資格が違う

赤ペン

競輪のG1レースには、厳しい出場資格を満たした選手だけが出場できます。

出場資格は開催ごとに違っていて、レースの特色を決めていますね。

レースごとの主な出場資格を下の表にまとめたので、確認してみてください。

また、下の表にまとめた出場資格以外にも、レースごとに細かい出場資格があります。

例えば、前年の競輪グランプリ出場者は、全てのG1レースへ優先出場できますね。

開催名出場資格
全日本選抜競輪都道府県ごとの競走得点1位
日本選手権競輪獲得賞金額の上位者
高松宮記念杯東西別の競走得点の上位者
オールスター競輪ファン投票の上位者
寛仁親王牌自転車競技で活躍した選手
競輪祭G3レースの成績上位者
どの出場資格も厳しいから、一流選手しか出場できないぜ!

優勝賞金は約3,000万円以上

お金

競輪のG1レースは格式が高いので、優勝賞金も他のレースより高くなっています。

レースごとの優勝賞金を下の表にまとめたので、確認してみてください。

優勝賞金の高いレースは、G1レースのなかでも特に格式が高いレースになりますね。

また、優勝賞金は年ごとに高くなったり、安くなったりします。

下の表は2021年度のデータをもとに作成したので、2022年度は金額が変わるかもしれません。

レース名優勝賞金
全日本選抜競輪2,850万円
日本選手権競輪6,206万円
高松宮記念杯2,993万円
オールスター競輪4,494万円
寛仁親王牌2,993万円
競輪祭3,528万円
日本選手権競輪は、G1レースのなかでも特に格式の高いレースです。

優勝者はGPに出場できる

会社

競輪のG1レースの優勝者は、競輪グランプリへの出場権を手に入れることができます。

競輪グランプリは、例年12月30日に開催される競輪界最高峰のレースです。

優勝賞金は1億円となっており、他のレースよりもかなり高く設定されています。

さらに、競輪グランプリの出場者には、翌年のG1レースへの優先出場権が与えられますね。

どの選手も出場を目指しているので、G1レースでは白熱したレースが繰り広げられます。

競輪グランプリ出場者は、翌年S級S班になれるぜ!

 

競輪のG1の日程と開催地

日本地図

競輪のG1レースは、例年2・4・6・8・10・11月の合計6回だけ開催されます。

ここからは、G1レースの直近3年間の日程と開催地をまとめました。

現地は盛り上がるので、近くで開催されているときはぜひ遊びに行ってみてください。

ただし、最近はご時世的に、入場制限がかかってしまうこともあります。

そのため、現地観戦したいときは、事前に競輪場の公式サイトを確認しましょう。

2021年の競輪グランプリでは、事前申込による抽選がありましたね。

G1の日程と開催地(2022年)

レース名日程開催地
全日本選抜競輪2月20日~2月23日取手
日本選手権競輪5月3日~5月8日いわき平
高松宮記念杯6月16日~6月19日岸和田
オールスター競輪8月9日~8月14日西武園
寛仁親王牌10月20日~10月23日前橋
競輪祭11月22日~11月27日小倉

G1の日程と開催地(2021年)

レース名日程開催地
全日本選抜競輪2月20日~2月23日川崎
日本選手権競輪5月4日~5月9日京王閣
高松宮記念杯6月17日~6月20日岸和田
オールスター競輪8月10日~8月15日いわき平
寛仁親王牌10月21日~10月24日弥彦
競輪祭11月18日~11月23日小倉

G1の日程と開催地(2020年)

レース名日程開催地
全日本選抜競輪2月8日~2月11日豊橋
日本選手権競輪開催中止静岡
高松宮記念杯6月18日~6月21日和歌山
オールスター競輪8月12日~8月16日名古屋
寛仁親王牌10月15日~10月18日前橋
競輪祭11月18日~11月23日小倉

 

競輪のG1の優勝者とレース結果

優勝メダル

競輪のG1レースの優勝者は、莫大な賞金とGPへの出場権を手に入れることができます。

ここからは、G1レースの直近3年間の優勝者とレース結果をまとめました。

直近3年間の優勝経験がある選手は、今年のG1レースでも活躍に期待できますね。

また、決勝のレース結果からは、オッズと決まり手の傾向を分析しましょう。

車券を買うときに、鉄板狙いをするのか、穴狙いをするのかの参考にしてみてください。

G1レースを優勝できるのは、本当に強い選手だけだな!
2022年の優勝者とレース結果は、随時更新していきます。

G1の優勝者とレース結果(2022年)

レース名優勝者三連単オッズ決まり手
全日本選抜競輪古性優作197.5倍差し-捲り
日本選手権競輪脇本雄太183.2倍捲り-差し
高松宮記念杯6月19日に決定--
オールスター競輪8月14日に決定--
寛仁親王牌10月23日に決定--
競輪祭11月27日に決定--

敬称略

G1の優勝者とレース結果(2021年)

レース名優勝者三連単オッズ決まり手
全日本選抜競輪郡司浩平43.9倍捲り-マーク
日本選手権競輪松浦悠士38.8倍差し-マーク
高松宮記念杯宿口陽一586.6倍差し-差し
オールスター競輪古性優作52.8倍差し-逃げ
寛仁親王牌平原康多1943.6倍差し-差し
競輪祭吉田拓矢553.7倍差し-逃げ

敬称略

G1の優勝者とレース結果(2020年)

レース名優勝者三連単オッズ決まり手
全日本選抜競輪清水裕友71.7倍捲り-差し
日本選手権競輪開催中止--
高松宮記念杯脇本雄太47.4倍逃げ-差し
オールスター競輪松浦悠士62.1倍捲り-捲り
寛仁親王牌脇本雄太45.0倍逃げ-捲り
競輪祭郡司浩平268.2倍捲り-捲り

敬称略

 

競輪のG1の決まり手とオッズの分析

データ

競輪のG1レースについて、過去のレースから決まり手やオッズの傾向を分析しました。

決まり手の傾向がわかれば、どの選手を狙うべきかを判断しやすくなります。

また、オッズの傾向がわかれば、鉄板狙いをするか、穴狙いをするかを決めやすいです。

ここからは、1000レース以上を分析した傾向として、以下の3つを解説していきます。

G1レースの傾向

  • G1はS級9車が9割以上
  • G1は捲りが出やすい
  • G1は穴が出やすい
データを分析して、予想に役立てましょう。

G1はS級9車が9割以上

クラスレース数割合
S級9車901レース94.7%
S級7車6レース0.6%
L級44レース4.6%

集計期間:2019年1月1日~2021年12月31日
データ:オッズパーク

直近3年間のG1レースについて、レース数をクラス別にまとめました。

この表から、G1レースでは、ほとんどのレースがS級9車で行われることがわかります。

そのため、G1レースを攻略するときは、S級9車の攻略法をマスターしましょう。

また、L級はガールズケイリンのクラスなので、通常の競輪とはルールが違います。

G1レースのなかで行われていても、予想するときは別物だと考えるのがおすすめです。

G1レースは、S級9車のレースがほとんどだぜ!

G1は捲りが出やすい

 S級9車S級7車A級7車
逃げ12.7%18.2%30.5%
差し50.5%51.7%39.1%
捲り36.3%29.8%30.2%
マーク0.4%0.7%0.2%

集計期間:2019年1月1日~2021年12月31日
データ:オッズパーク

直近3年間の全レースについて、決まり手ごとの出現率をクラス別にまとめました。

ただし、最近は行われていないA級9車と、ルールが違うガールズケイリンは除いています。

上の表から、S級9車は、S級7車やA級7車よりも逃げが出にくいことがわかりますね。

また、逃げが出にくい分だけ、S級9車では捲りが出やすくなっています。

そのため、予想するときは、普段よりも捲り選手の1着を重視してみてください。

G1レースでは、捲りを狙う選手が1着をとりやすいですね。

G1は穴が出やすい

割合S級9車S級7車A級7車
0円~1,000円2.3%14.0%18.8%
1,000円~2,000円5.8%16.8%14.6%
2,000円~3,000円5.5%9.4%9.5%
3,000円~4,000円5.1%7.5%8.2%
4,000円~5,000円4.2%7.3%5.3%
5,000円~6,000円5.1%4.4%4.9%
6,000円~7,000円4.5%3.8%3.5%
7,000円~8,000円2.9%4.5%3.1%
8,000円~9,000円3.2%4.0%1.6%
9,000円~10,000円2.6%2.1%2.0%
10,000円~11,000円4.5%1.9%2.0%
11,000円~12,000円1.9%1.0%2.7%
12,000円~13,000円2.9%1.2%2.2%
13,000円~14,000円2.6%0.7%0.7%
14,000円~15,000円2.6%1.6%1.1%
15,000円~16,000円1.9%0.9%1.8%
16,000円~17,000円1.3%1.0%1.3%
17,000円~18,000円0.6%0.3%1.1%
18,000円~19,000円1.3%0.9%0.7%
19,000円~20,000円2.3%0.3%0.2%
20,000円~21,000円1.0%0.3%0.9%
21,000円~22,000円0.6%0.3%0.9%
22,000円~23,000円1.0%0.3%1.1%
23,000円~24,000円0.6%1.2%0.4%
24,000円~25,000円0.3%0.3%0.0%
25,000円~26,000円1.0%0.5%0.0%
26,000円~27,000円1.3%1.2%0.0%
27,000円~28,000円0.6%0.2%0.2%
28,000円~29,000円1.3%0.5%0.4%
29,000円~30,000円0.0%0.3%0.4%
30,000円~29.3%10.8%10.2%

S級9車は2021年のG1を集計
S級7車とA級7車は2021年11~12月のF1を集計

1000以上のレースについて、三連単の配当ごとの出現率をクラス別にまとめました。

上の表から、S級7車とA級7車では、オッズ20.0倍未満がかなり出やすいことがわかります。

一方、S級9車はそこまで偏っておらず、オッズ10.0~70.0倍がバランスよく出やすいですね。

また、オッズ10.0倍未満やオッズ70.0~150.0倍も、そこそこ出やすくなっています。

そのため、車券を買うときはオッズも確認して、普段よりも穴狙いをするのがおすすめです。

G1レースは混戦になりやすく、穴の買い目が出やすいです。

 

競輪のG1の予想のコツ

高評価

競輪のG1レースは、F1・F2レースよりも出場選手のレベルが高くなります。

また、9車立と7車立では、出場選手の人数も違いますね。

レース展開が変わってくるため、G1レースには独自の予想のコツが必要です。

ここからは、G1レースの予想のコツとして、以下の2つを解説していきます。

G1の予想のコツ

  • 捲り選手をを重視する
  • 穴の買い目を重視する
2つのコツを覚えて、的中率と回収率を上げましょう。

捲り選手をを重視する

G1レースでは、逃げの1着が出にくくなり、捲りの1着が出やすくなります。

そのため、G1レースを予想するときは、普段よりも捲り選手の1着を重視しましょう。

9車立のレースでは、逃げ選手が1名、捲り選手が2~3名いることが多いです。

「どの選手が捲るか?」は、出走表のB・Hや決まり手から判断できます。

BのほうがHより明らかに多い選手や、捲りの決まり手が多い選手が捲り選手ですね。

G1レースでは、普段よりも捲り選手に注目だな!

穴の買い目を重視する

G1レースでは、鉄板の買い目が出にくくなり、穴の買い目が出やすくなります。

具体的には、三連単オッズ10.0倍~70.0倍が最も出やすいです。

また、オッズ10.0倍未満やオッズ70.0倍~150.0倍もそこそこ出ます。

そのため、車券を買うときは、このくらいのオッズを狙うのがおすすめですね。

逆に、オッズ150.0倍以上は、的中率が一気に下がるので買わないようにしましょう。

車券を買うときは、的中率とオッズのバランスが重要です。

 

競輪のG1のまとめ

おすすめ

競輪のG1レースについておさらいすると、

  • レースの格が2番目に高い
  • 例年2・4・6・8・10・11月に開催
  • 優勝者はGPに出場できる
  • 捲り選手をを重視する
  • 穴の買い目を重視する

の5つがポイントです。

競輪のG1レースは、1年に6回しか開催されないビッグレースです。

選手にとってもファンにとっても重要なので、現地がかなり盛り上がります。

ご時世的なことも考えつつ、よかったら現地に遊びに行ってみてください。

現地に行くときは、事前に公式サイトをチェックしよう!
よかったら、下記リンクからレースごとの攻略記事も読んでみてください。

 

合わせて読みたい記事

-GP・G1・G2