競輪のG2

競輪のG2とは?2022年の開催日程・優勝者・予想のコツ!

この記事では、競輪のG2について、

「競輪のG2ってなに?」

「2022年の日程や優勝者は?」

「予想のコツは?」

といった疑問に回答していきます。

競輪のG2(ジーツー)とは、GP・G1の次に高い格付けのレースです。

開催は例年3・7・9・12月の合計4回で、概ねG1が開催されない時期に開催されます。

G2の特徴は、G3以下よりは穴が出やすく、G1よりは鉄板が出やすいことです。

具体的には、三連単のオッズ20~60倍を狙うと、的中率とオッズのバランスをとりやすいですね。

ここからは、G2の特徴と攻略法を解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

G2は、1年で4回しか開催されないビッグレースだな!
過去1,000レース以上の結果から、レースの傾向を分析しました。

 

競輪のG2とは?

意味

競輪のG2(ジーツー)とは、GP・G1の次に高い格付けのレースです。

開催は例年3・7・9・12月の合計4回で、概ねG1が開催されない時期に開催されます。

また、レースごとに厳しい出場資格があるため、一流選手しか出場できません。

出場選手のレベルがG3以下より高く、優勝者は大きな賞金を手に入れることができますね。

ここからは、G2の基礎知識として、以下の5つを初心者向けに解説していきます。

G2の基礎知識

  • レースの格が3番目に高い
  • 1年間に4開催だけ
  • レースごとに出場資格が違う
  • ヤンググランプリは一発勝負
  • 優勝賞金は概ね1,000万円以上
まずは、G2の基礎知識を身に付けましょう。

レースの格が3番目に高い

競輪のG2

競輪のレースは、GP・G2・G2・G3・F1・F2の6段階のグレードに格付けされます。

この6段階のうち、G2は格付けが高いほうから3番目のグレードです。

また、1年間の開催数は、GPは1開催だけ、G1は6開催だけですね。

さらに、G2も4開催だけなので、G2でも十分に格付けが高いと言えるでしょう。

出場選手のレベルも高いので、G3以下のレースよりも白熱した戦いが繰り広げられます。

GP・G1・G2は、まとめて「グレードレース」と呼ばれているな!

1年間に4開催だけ

カレンダー

競輪のG2は1年間に4開催だけで、例年3・7・9・12月に開催されます。

G1とは開催時期をズラしているため、ほぼ毎月グレードレースを楽しめますね。

また、開催地は、基本的には全国の競輪場での持ち回りです。

ただし、サマーナイトフェスティバルだけは、ナイター開催の競輪場だけで開催されます。

G2の開催時期と読み方を下の表にまとめたので、確認してみてください。

開催名開催時期読み方
ウィナーズカップ3月下旬うぃなーずかっぷ
サマーナイトフェスティバル7月中旬さまーないとふぇすてぃばる
共同通信社杯9月中旬きょうどうつうしんしゃはい
ヤンググランプリ12月下旬やんぐぐらんぷり
2022年の日程と開催地は、この記事の中盤にまとめています。

レースごとに出場資格が違う

赤ペン

競輪のG2には、厳しい出場資格を満たした選手だけが出場できます。

出場資格は開催ごとに違っていて、レースの特色を決めていますね。

G1に出場できない選手でも、G2なら出場できることも多くなっています。

レースごとの主な出場資格を下の表にまとめたので、確認してみてください。

開催名出場資格
ウィナーズカップ1着回数の上位者
サマーナイトフェスティバルG1・G2・G3の優勝者
共同通信社杯若手選手を多く選抜
ヤンググランプリ競走得点上位の若手選手
G2には、G1よりも色々な選手が出場できるぜ!

ヤンググランプリは一発勝負

ヤンググランプリ

出典:KEIRIN.JP

G2のなかで、ヤンググランプリは他のG2とは違った特徴を持っています。

一般的に、競輪のレースは予選→準決勝→決勝のような勝ち上がりがありますね。

しかし、ヤンググランプリでは、9名の出場選手が一発勝負で優勝者を決めるのです。

また、ヤンググランプリは、競輪グランプリの前座戦という位置付けにもなっています。

翌日に競輪グランプリが開催されるので、ビッグレースの連続で盛り上がりますね。

ヤンググランプリは、一発勝負のビッグレースです。

優勝賞金は概ね1,000万円以上

お金

競輪のG2は格式が高いので、優勝賞金もG3以下のレースより高くなっています。

レースごとの優勝賞金を下の表にまとめたので、確認してみてください。

ちなみに、12月下旬の競輪グランプリには、獲得賞金の上位者が出場できます。

G2は優勝賞金が大きいので、優勝者は競輪グランプリへの出場に一気に近づけますね。

レース名優勝賞金
ウィナーズカップ2,079万円
サマーナイトフェスティバル1,113万円
共同通信社杯2,079万円
ヤンググランプリ344万円
ヤンググランプリの賞金が低いのは、一発勝負のレースだからだな!

 

競輪のG2の日程と開催地

日本地図

競輪のG2は1年間に4開催だけで、例年3・7・9・12月に開催されます。

ここからは、G2の直近3年間の日程と開催地をまとめました。

現地は盛り上がるので、近くで開催されているときはぜひ遊びに行ってみてください。

ただし、最近はご時世的に、入場制限がかかってしまうこともあります。

そのため、現地観戦したいときは、事前に競輪場の公式サイトを確認しましょう。

2021年の共同通信社杯は、無観客開催になってしまいましたね。

G2の日程と開催地(2022年)

レース名日程開催地
ウィナーズカップ3月18日~3月21日宇都宮
サマーナイトフェスティバル7月16日~7月18日玉野
共同通信社杯9月16日~9月19日名古屋
ヤンググランプリ12月29日平塚

G2の日程と開催地(2021年)

レース名日程開催地
ウィナーズカップ3月25日~3月28日松阪
サマーナイトフェスティバル7月16日~7月18日函館
共同通信社杯9月17日~9月20日岐阜
ヤンググランプリ12月29日静岡

G2の日程と開催地(2020年)

レース名日程開催地
ウィナーズカップ3月26日~3月29日福井
サマーナイトフェスティバル7月10日~7月12日いわき平
共同通信社杯9月18日~9月21日伊東
ヤンググランプリ12月29日平塚

 

競輪のG2の優勝者とレース結果

優勝メダル

競輪のG2の優勝者は大きな賞金を手に入れて、競輪グランプリへの出場に近付きます。

ここからは、G2の直近3年間の優勝者とレース結果をまとめました。

直近3年間の優勝経験がある選手は、今年のG2でも活躍に期待できますね。

また、決勝のレース結果からは、オッズと決まり手の傾向を分析しましょう。

車券を買うときに、鉄板狙いをするのか、穴狙いをするのかの参考にしてみてください。

G2を優勝できるのは、本当に強い選手だけだな!
2022年の優勝者とレース結果は、随時更新していきます。

G2の優勝者とレース結果(2022年)

レース名優勝者三連単オッズ決まり手
ウィナーズカップ清水裕友103.4倍差し
サマーナイトフェスティバル松浦悠士189.8倍差し
共同通信社杯郡司浩平149.1倍逃げ
ヤンググランプリ12月29日に決定--

敬称略

G2の優勝者とレース結果(2021年)

レース名優勝者三連単オッズ決まり手
ウィナーズカップ清水裕友160.6倍差し
サマーナイトフェスティバル松浦悠士115.7倍差し
共同通信社杯山口拳矢588.1倍捲り
ヤンググランプリ小原佑太574.7倍差し

敬称略

G2の優勝者とレース結果(2020年)

レース名優勝者三連単オッズ決まり手
ウィナーズカップ松浦悠士128.0倍捲り
サマーナイトフェスティバル清水裕友202.9倍差し
共同通信社杯中本匠栄1963.8倍マーク
ヤンググランプリ松井宏佑22.1倍捲り

敬称略

 

競輪のG2の決まり手とオッズの分析

データ

競輪のG2について、過去のレースから決まり手やオッズの傾向を分析しました。

決まり手の傾向がわかれば、どの選手を狙うべきかを判断しやすくなります。

また、オッズの傾向がわかれば、鉄板狙いをするか、穴狙いをするかを決めやすいです。

ここからは、1,000レース以上を分析した傾向として、以下の3つを解説していきます。

G2の傾向

  • G2はS級9車が多い
  • G2は捲りが出やすい
  • G2は穴が出やすい
データを分析して、予想に役立てましょう。

G2はS級9車が多い

クラスレース数割合
S級9車350レース91.1%
S級7車3レース0.8%
L級31レース8.1%

集計期間:2019年1月1日~2021年12月31日
データ:オッズパーク

直近3年間のG2について、開催中のクラスごとのレース数をまとめました。

この表から、G2では、ほとんどのレースがS級9車で行われることがわかります。

そのため、G2を攻略するときは、S級9車の攻略法をマスターしましょう。

また、L級はガールズケイリンのクラスなので、通常の競輪とはルールが違います。

G2のなかで行われていても、予想するときは別物だと考えるのがおすすめです。

G2は、S級9車のレースがほとんどだぜ!

G2は捲りが出やすい

 S級9車S級7車A級7車
逃げ12.7%18.2%30.5%
差し50.5%51.7%39.1%
捲り36.3%29.8%30.2%
マーク0.4%0.7%0.2%

集計期間:2019年1月1日~2021年12月31日
データ:オッズパーク

直近3年間の全レースについて、決まり手ごとの出現率をクラス別にまとめました。

ただし、最近は行われていないA級9車と、ルールが違うガールズケイリンは除いています。

上の表から、S級9車は、S級7車やA級7車よりも逃げが出にくいことがわかりますね。

また、逃げが出にくい分だけ、S級9車では捲りが出やすくなっています。

そのため、予想するときは、普段よりも捲り選手の1着を重視してみてください。

G2では、捲りを狙う選手が1着をとりやすいですね。

G2は穴が出やすい

割合G2G1S級7車A級7車
0円~1,000円2.5%2.3%14.0%18.8%
1,000円~2,000円5.9%5.8%16.8%14.6%
2,000円~3,000円7.0%5.5%9.4%9.5%
3,000円~4,000円6.2%5.1%7.5%8.2%
4,000円~5,000円5.6%4.2%7.3%5.3%
5,000円~6,000円6.2%5.1%4.4%4.9%
6,000円~7,000円4.5%4.5%3.8%3.5%
7,000円~8,000円3.4%2.9%4.5%3.1%
8,000円~9,000円3.1%3.2%4.0%1.6%
9,000円~10,000円2.2%2.6%2.1%2.0%
10,000円~11,000円2.8%4.5%1.9%2.0%
11,000円~12,000円2.2%1.9%1.0%2.7%
12,000円~13,000円2.8%2.9%1.2%2.2%
13,000円~14,000円2.5%2.6%0.7%0.7%
14,000円~15,000円2.0%2.6%1.6%1.1%
15,000円~16,000円0.6%1.9%0.9%1.8%
16,000円~17,000円1.7%1.3%1.0%1.3%
17,000円~18,000円1.7%0.6%0.3%1.1%
18,000円~19,000円0.0%1.3%0.9%0.7%
19,000円~20,000円1.1%2.3%0.3%0.2%
20,000円~21,000円0.6%1.0%0.3%0.9%
21,000円~22,000円0.8%0.6%0.3%0.9%
22,000円~23,000円0.8%1.0%0.3%1.1%
23,000円~24,000円0.8%0.6%1.2%0.4%
24,000円~25,000円0.8%0.3%0.3%0.0%
25,000円~26,000円0.6%1.0%0.5%0.0%
26,000円~27,000円0.6%1.3%1.2%0.0%
27,000円~28,000円0.8%0.6%0.2%0.2%
28,000円~29,000円1.4%1.3%0.5%0.4%
29,000円~30,000円0.3%0.0%0.3%0.4%
30,000円~28.4%29.3%10.8%10.2%

G2は2019~2021年のS級9車を集計
G1は2021年のS級9車を集計
S級7車とA級7車は2021年11~12月のF1を集計

三連単の配当ごとの出現率について、グレードごとに300レース以上検証してまとめました。

上の表から、S級7車とA級7車では、オッズ20倍未満がかなり出やすいことがわかります。

一方、G2はオッズ10~70倍が最も出やすく、10倍未満や70~130倍も出ていますね。

また、G2とG1を比べると、G2のほうがオッズ20~60倍が出やすくなっています。

このことから、G2では、G3以下よりは穴狙い、G1よりは鉄板狙いをするのがおすすめです。

G2は混戦になりやすく、穴の買い目が出やすいです。

 

競輪のG2の予想のコツ

高評価

競輪のG2は、F1・F2レースよりも出場選手のレベルが高くなります。

また、9車立と7車立では、出場選手の人数も違いますね。

レース展開が変わってくるため、G2にはF1・F2とは違った予想のコツが必要です。

ここからは、G2の予想のコツとして、以下の2つを解説していきます。

G2の予想のコツ

  • 捲り選手をを重視する
  • 穴の買い目を重視する
2つのコツを覚えて、的中率と回収率を上げましょう。

捲り選手をを重視する

G2では、逃げの1着が出にくくなり、捲りの1着が出やすくなります。

そのため、G2を予想するときは、普段よりも捲り選手の1着を重視しましょう。

9車立のレースでは、逃げ選手が1名、捲り選手が2~3名いることが多いです。

「どの選手が捲るか?」は、出走表のB・Hや決まり手から判断できます。

BのほうがHより明らかに多い選手や、捲りの決まり手が多い選手が捲り選手ですね。

G2では、普段よりも捲り選手に注目だな!

穴の買い目を重視する

G2では、鉄板の買い目が出にくくなり、穴の買い目が出やすくなります。

具体的には、三連単のオッズ10~70倍が最も出やすく、10倍未満や70~130倍もそこそこ出ます。

また、G2とG1を比べると、G2のほうがオッズ20~60倍が出やすくなっています。

このことから、G2では、G3以下よりは穴狙い、G1よりは鉄板狙いをするのがおすすめです。

ただし、穴狙いと言っても、オッズ130倍以上は的中率が下がるのでやめておきましょう。

競輪で稼ぐには、的中率とオッズのバランスが重要です。

 

競輪のG2のまとめ

おすすめ

競輪のG2についておさらいすると、

  • レースの格が3番目に高い
  • 例年3・7・9・12月に開催
  • G1より出場選手が多彩
  • 捲り選手をを重視する
  • 穴の買い目を重視する

の5つがポイントです。

競輪のG2は、1年に4回しか開催されないビッグレースです。

選手にとってもファンにとっても重要なので、現地がかなり盛り上がります。

ご時世的なことも考えつつ、よかったら現地に遊びに行ってみてください。

現地に行くときは、事前に公式サイトをチェックしよう!
よかったら、下記リンクからレースごとの攻略記事も読んでみてください。

 

合わせて読みたい記事

-GP・G1・G2